Sponsored Link

【泣ける?】本人も巡回済み!あの名曲を替え歌した動画が絶賛される!【笑える?】

インターネット上の動画サイトでは、様々な動画が日々投稿されていますが
その中でも、かなりの投稿率があるネタに「替え歌」というものが挙げられます。


歌ってみた、などの題名が付いていることが多い動画ですが
替え歌マニアと言うのは、本業の作詞家も顔負けの凄い
替え歌を作ることが往々にしてあるようです。


今回替え歌されたのは、ゴールデンボンバーの「女々しくて」
女々しくての連呼が印象的で、大ヒットした楽曲ですね。

女々しくて

紹介する、女々しくての替え歌はあまりにも秀逸だということで
ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が、バズリズムという番組で
替え歌を絶賛したということです。

Sponsored link



社畜の悲哀を歌った替え歌

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が絶賛した動画はこちらです。



社畜(自身の生活よりも、仕事に忙殺されてしまいながらも、生活のために嫌な仕事をこなすだけになっているという会社の家畜の略。ブラック企業社員などに用いられるネットスラング)の
悲哀を歌ったモノになっており、PVも本家のPVの画面をマネたり激しく踊ったり…。
確かに秀逸ですね。コレはwww


鬼龍院翔は、その譜割りの巧さから
プロの作詞家になれるよと、この動画を見た感想を
バズリズム内で語っています。

金爆・鬼龍院翔が「女々しくて」の替え歌を絶賛「作詞家になれるよ」

16日放送の音楽番組「バズリズム」(日本テレビ系)で、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が、同グループの代表曲である「女々しくて」の替え歌に感心する一幕があった。

この日はゲストにゴールデンボンバーが登場し、司会のバカリズムと共にスタジオトークを展開した。その中で番組は「女々しくて」の替え歌「辞めたくて」の話題となった。

鬼龍院はVTR紹介前から「僕これたぶんわかります」「最近ネットで替え歌を歌ってくれた人がいて」とコメントしており、すでにこの動画の存在に気づいていたようだ。

鬼龍院によると、投稿者は一般人でありながら、会社や仕事にまつわる苦悩を上手く言葉に表現しているという。彼はこの投稿者について「歌詞の譜割り(メロディへの歌詞ののせ方)がスゴく上手いんですよ、作詞家になれるよってぐらい」と絶賛した。

投稿しているのは、自称無能社員森山という方だそうですが
この替え歌については、もちろん笑えるという素直な反応がある中で
俺のことだ…ワロエナイ…という深刻な反応を返す方もおり
笑えるか、泣けるかの両極端な動画になっているようです(´;ω;`)


ちなみに、社畜系の替え歌は共感を得やすいのか
結構、いろんな方が大ヒット曲に乗せて替え歌作っている動画が散見されます。
今はもう見れないですが、昔進撃の社畜という動画で爆笑した記憶がありますw


私自身は半ば人生ヤケクソなところがあるので←
この動画は楽しませて頂きましたが、皆様はどのような感想を抱かれたでしょうか?


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ