Sponsored Link

【強すぎ!】昇龍拳の威力を検証した結果www【相手は死ぬ】

昔からの私を知る人であれば、デジかも管理人の
座右の銘が、昇龍拳・波動拳であることは
ご存知かと思います←知らねぇよ


昇龍拳と波動拳をこよなく愛するデジかも管理人は
過去、当ブログで波動拳のぬいぐるみについて
取り上げたことすらあります。


そんなデジかも管理人の琴線にクリティカルヒットするような
動画が海外で作られています。
現実に昇龍拳の威力を計算してみたという動画です!


孤高の格闘家・リュウが無敵とまで言う
昇龍拳…果たしてどのぐらいの威力があるのでしょうか!?

Sponsored link



被験者はザンギエフ。ザンギエフの巨体を軽々持ち上げるパワーとは?

昇龍拳は、初代ストリートファイターからある必殺技です。
初代ストリートファイターは、スト2以降の6ボタン制とは違い
ボタンはパンチ・キックボタンという2つのボタンしか無いシンプルな設計でした。


button
※初代ストリートファイターの筐体のボタン部分。


ボタンは感圧式で、その押す強さから弱・中・強の三段階の強さを調節しました。
主人公はリュウで、この時から波動拳・昇龍拳・竜巻旋風脚のリュウといえばこの技!
という技が、既に実装されていました。


ただし、コマンドは基本的に隠し扱いでタイミングもシビア。
しかし、出せれば相手を一回出しただけで倒せることもあるという
まさに必殺技の名の通りの技なのでした。


初代ストリートファイターでは、まさに相手を殺すかのような
絶大な威力を誇った昇龍拳なのですが、実際に繰り出すことが出来た場合
ゲームの表現的威力ですと、とんでもない威力であることが発覚しました!


被験者はザンギエフ。ストリートファイターシリーズでも
最も巨漢で体重のあるキャラの一人です。


zangief
※ロシアの英雄・ザンギエフ。通名は必殺技のスクリューパイルドライバーから
全てを巻き込み粉砕する「レッド・サイクロン」IVの時点で214センチ121kg。
ゲーム内では、生身で熊と闘う描写も。


このザンギエフの巨体すら、軽々と持ち上げる昇龍拳。
一体どれくらいのスペックなのでしょうか!?
気になる回答は以下の記事・動画を御覧ください。

「ストリートファイター」昇竜拳を科学的に検証した結果、相手は死ぬことが判明

人気格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズに登場するキャラクターのひとり、ケン・マスターズが得意とする必殺技「昇竜拳」。

その威力をさまざまな公式を用いて、科学的に検証した動画「What if You Were Shoryukened?」が公開されました。

仮想敵として選ばれたのはザンギエフ。あの巨体を天高く突き上げるケン・マスターズの人間離れしたパワーを算出して、そのエネルギーを一般人が受けたらどうなるかを検証しています。

骨までしっかり再現した人体模型をターゲットに、想定される昇竜拳の破壊力を再現する特製昇竜拳マシーンを開発。その実験結果は……。

中略

今回の実験では「昇竜拳」の破壊力として7569.5ニュートンものパワーが算出されています。これは重さ772kgの物体を浮かび上がらせるほどの力です。そんな「昇竜拳」を数発程度なら耐えてしまうストリートファイターたち……深刻な人間離れというヤツですね。それが良くわかる映像でした。


動画はこちらですたい↓



toubu


危険すぎワロエナイ(゜o゜)


重さ772kgを持ち上げる力というのは、バリバリ文系の私でも
はっきりとその危なさが分かるレベルwww


というわけで、凄まじい衝撃が加わることがわかりました!
こんなのを凡人が受けたら、即死ですね。わかります。


世界中の一流ストリートファイターたちは
この昇龍拳を耐えるのですね…恐ろしや。
下の動画なんて、まさに首が吹っ飛んでもおかしくなさそうなんですが…。
K・Oだけで終わるストリートファイターさんたち、マジパネェっすw


※スーパーストリートファイターIVより滅・昇龍拳。


というわけで、リュウが昇龍拳を破らぬ限り勝ち目はない!
と言っている意味がよく分かる実験結果でしたw
良い子のみんなは真似しちゃダメだぞ!←



Sponsored Link



2 Responses to “【強すぎ!】昇龍拳の威力を検証した結果www【相手は死ぬ】”

  1. hu9hu9 より:

    深刻な人間離れ…
    取り敢えず復活の呪文で
    対処してみるん(´・_・`)

  2. gk より:

    ジャンプしてしてるときに膝を突きだしているようにも見えることから、追い打ちで膝蹴りも同時に喰らわしているのでは、という説をどっかで見たことがある。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ