Sponsored Link

【まさかの】ガキ使年末特番にマリオメーカーが登場!オチはいつもの…【田中】

大晦日の番組といえば、圧倒的なのがNHKが毎年放送する紅白歌合戦。
今年は、ラブライブ!の作中アイドルグループ、μ’sが出場したり
初出場となるBUMP OF CHICKEN、ゲスト枠とはいえ久々紅白復活の小林幸子など
非常に話題が、多数ありました。当ブログでも出場者は話題にしました。


【年末恒例】紅白歌合戦の出場歌手が決定へ!


しかし、幾ら紅白が圧倒的な視聴率とはいえ、民放はその現状を
指をくわえてみているわけではなく、何とか少しでも視聴率を確保しようと
様々な年末特番を組んでいます。まぁ、裏番組などと呼ばれますけど…。


その中で、日本テレビがここ10年放映してきた紅白へ対抗するための
裏番組に、ダウンタウンがメインを務めるバラエティ番組「ガキの使いやあらへんで」の
特別番組として放送しているのが、笑ってはいけない◯◯シリーズ。





最初は、松本と浜田が年内に番組内で、様々な勝負を行い
その勝負に敗けたほうが、罰ゲームと称して、行っていた企画でしたが
いつの間にか、レギュラー全員(ココリコ、月亭方正)が毎年参加する企画になっていきました。


笑ってはいけない◯◯シリーズは、様々なシチュエーションに放り込まれた5人が
24時間、笑ってしまう度にお尻をしばかれるという、非常に過酷な企画です。

笑ってはいけないシリーズ

経緯

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』のレギュラー放送では、開始初期から松本人志と浜田雅功による対決企画(優勝予想対決や短距離走対決等)を行い、負けた方が受ける「罰ゲーム」を企画の主軸に据えて放送していた。後に対決企画はレギュラー陣(月亭方正・ココリコ)を巻き込んで放送されるようになり、その中で2003年に放送した罰ゲーム『絶対に笑ってはいけない温泉旅館一泊二日の旅』が人気を博し、シリーズ化に至った。なお、罰ゲーム企画として始まったが、『病院』以降は全員参加企画へ移行している。

企画概要

あるシチュエーションの元で昼夜に渡る収録を行い、参加者は絶対に「笑ってはいけない」。笑ってしまった場合、笑ってしまったことに対しての罰を受ける。笑ったら罰を受けるというアイデアは、松本が発案したものである[1]。


このシリーズは、最近はややマンネリ化してきたものの
紅白に民放では一番対抗できる、年末特番として放送が続けられており
2015年年末に放送されたのは、絶対に笑ってはいけない名探偵24時というものでした。


今回は年末の放送としては、10年連続になるという
まさに長寿シリーズでしたが、10年目の区切りということもあって
松本人志は、今回の放送を最後にすると言った発言もしていました。

「笑ってはいけない…」今年最後?浜ちゃん「信頼関係なくなった」

 ダウンタウンが2日、都内で大みそか恒例特番の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」(後6・30)の制作発表を行った。

 冒頭いきなり松本人志(52)は「今年で10年目。ファイナルにふさわしい」と笑いながら宣言。浜田雅功(52)も「スタッフとの信頼関係もなくなったし」と追随。一方、月亭方正(47)は罰ゲームの尻叩きに「10年で一番痛かった。痛み止め飲んでもあかんかった」と泣き言。松本に「それ、ドーピングやんけ」と突っ込まれていた。


毎年、放送前には話題を振りまいてきた笑ってはいけないシリーズが
本当に去年の回をもって、最後になるのかは不明ですが、SMAPの中居正広が
10年目にしての初のゲストプレイヤーとして一時的に参戦するなど
視聴者もびっくりするようなサプライズがあり、一時ネットで騒然にもなったようです。

SMAP中居 ガキ使「笑ってはいけない」に史上初のゲスト参戦

 SMAPの中居正広(43)が大みそか恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」“絶対に笑ってはいけない”シリーズ「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」(31日後6・30)にゲストPLAYERとして参戦した。ゲストPLAYERの参戦はシリーズ史上初。

 冒頭、ダウンタウン浜田雅功(52)松本人志(52)月亭方正(47)ココリコ遠藤章造(44)田中直樹(44)が集合場所に。案内人のダウンタウン元マネジャー・藤原寛氏が5人に対して「華がない。F1層(20~34歳の女性)を取り込めない」とスペシャルゲストを呼び込むと、中居が姿を現した。

 松本が「今(裏番組のNHK)紅白(歌合戦)じゃないの?」と聞くと、中居も「僕、大丈夫なんですかね」と不安な表情。それでも「24時間、力の限り一緒にいたいと思います」と意気込みを語った。


紅白が始まると、中居正広は居なくなったようですが(笑)
それでも、大きな話題になったとのことで、この番組がいかに注目されていたかということでしょうね。


しかし、個人的には中居正広参戦よりも、もっと気になる話題が
今回の絶対に笑ってはいけない名探偵24時で放送されていたとのこと!

Sponsored link



マリオメーカーに挑戦!そして最後は恒例の悲劇のオチが…!

私の部屋には、地デジがないため番組を観ていなかったのですが、どうやら番組内の一部で
WiiUとマリオメーカーが登場し、5人が作られたコースに挑戦したようです。
詳しい内容は、以下のブログ記事で確認できます。


「絶対に笑ってはいけない名探偵24時」で「スーパーマリオメーカー」登場!クリアできず悪戦苦闘するガキ使メンバーwww





番組の一部を動画として紹介していたツイートが↓




どうやら、5人共あまりゲームは上手くなかった模様w
特に浜田辺りがひどかったようですねw
そして、最後のオチが田中タイキック…こんなん草不可避やろ!!




それにしても、マリオというゲームを持ってきても
大体の人は分かるその知名度は、やはりゲーム業界の中でも随一ですね。
もちろん、任天堂も協力しているということなのでしょうね。


ところで、今回、笑いの題材にマリオメーカーが選ばれた理由などは
わかりませんが、その昔松本人志は、マリオの産みの親である
宮本茂とテレビで対談をしたことがあったのですよね。




この対談では、非常に興味深いことが話されており、一見の価値があります。


こういった過去があったからこそ、マリオメーカーが番組で使われたのかもしれませんね。
改めて、任天堂のゲームが持つ一般層の知名度は凄いものがあるなと思った今回の件です。


この企画は、毎回DVD化もされているので、DVDが出たらレンタルででも
今回の放送分は観たいかと思います。映像ソフト化が楽しみな番組は久々です。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ