Sponsored Link

【もはや】イチローが41歳のシーズンでメジャー初登板!【レジェンド】

常にメジャーリーグで意識高いプレイを志しながらも
時折、日米双方の野球ファンをあっ!と言わせるような
プレイで魅せてきた現マーリンズのイチロー。


今年は41歳という、メジャー全体でも高齢な選手となり
3000本安打を目の前にして、やや足踏みが続くなど
やはり、年齢的な衰えも感じられるシーズンになったイチロー。


2015年シーズンの最終戦が、現地時間の4日に行われ
その試合の中で、なんとライト・イチローではなく
ピッチャー・イチローがデビューしたのです!

Sponsored link



現役生活24年目にして、公式戦初登板!

イチローは元々、高校時代はピッチャーでありました。
なので、ピッチャーはある意味イチローの本職でもあったのです。


しかし、高校二年の時に車との交通事故に遭い
それ以降は、長いイニングを投げられなくなってしまい
なくなく投手の道を断念せざるを得ませんでした。


途中でピッチャーの夢を断たれたイチローとしては
やはり、投手というポジションにかなりの未練があったようなのです。
とあるスポーツ紙で松井秀喜と対談した時にその心境を語ったそうです。


もともと強肩で知られるイチローですから、やはりピッチャー時代も
高校生としては、かなりの速球派としてならしていたようで
公式の記録は殆ど無いようですが、急速は140km台はマークしていたと言います。


というわけで、ピッチャーにかなり強い思い入れがあるイチローが
メジャーという大舞台で、41歳にして初登板を果たしたことは
日本ではもちろん、現地でも大きな反響があったようです。

イチローがピッチャーに! メジャー初登板【画像】

大リーグ、マーリンズのイチロー(41)が10月4日、フィラデルフィアで行われたフィリーズ戦の八回に初めてピッチャーとして登板した。時事ドットコムなどが報じた。

カーブやチェンジアップなどの変化球を交えた投球で、最速は89マイル(143キロ)だった。「ショックでしたね、最低90(マイル)とは思ってましたからね」と語った。

スポニチによると、イチローにとってメジャーでの登板はかねてからの念願でもあったといい、「通常あり得ない。その事実に対しては思い出として残しますが、2回目は要らないです」と話した。

イチローは今シーズン、打率.229、ホームラン1本、21打点で、いずれもメジャーに移籍してから自己最低の成績に終わった。


日本では、過去公式戦ではなく1996年のオールスター戦で一度だけ
イチローがピッチャーとしてマウンドに上ったことがあります。


当時のパ・リーグ監督であった故・仰木彬監督がファンサービスとして
ワンポイントでセ・リーグ屈指の強打者であった松井秀喜との対決を
ファンサービスとして実現させようとしたのですが、セ・リーグの野村克也監督が
お返しとばかりにピッチャーの高津臣吾を代打に出すという一幕がありました。


しかし当然ながら、日本でもメジャーでも公式リーグ戦では
当然ピッチャーでの起用は今まではなく、プロ生活通算24年目にしての
ピッチャーデビューという、なんともイチローらしい伝説がまた一つ刻まれたということです。


今回の登板はリーグ最終戦で、もう試合の勝ち負けに意味は無い状態であったため
イチロー自らが志願して登板したという話だそうです。

イチロー登板:「ピッチャーあきらめてよかった」

 プロ24年目で初めての公式戦のマウンド。イチローはジェニングズ監督に自ら志願し、憧れの場所に立った。試合後に振り返ったマウンドから見えた光景は「よく打つな、バッターが。ピッチャーを途中であきらめてよかった」だった。

 最初に打席に迎えたのは7番・ヘレラ。第1球は86マイル(138キロ)の直球がボールとなった。続く2球目のチェンジアップを右翼へ運ばれ、二塁打にされる。そして1死後、スウィーニーに適時二塁打を許した。ただ、その後はスライダーがさえ、ガルビス、アルテールを抑えた。

 マウンドに上がる前、イチローは三つのことに気をつけた。まずストライクを取ること。次に、野手が守りやすいようテンポに気をつけること。もう一つは、マウンド上で笑わないことだった。


41歳にして、メジャーのピッチャーデビューというのは
もしかしたら最高齢記録なのかなとも思いつつ、いつも通りの
飄々としたイチロー節は、流石だなの一言に尽きます。


それにしても、143kmのストレートに、変化球まで交えて
一失点で切り抜けるとか…。色々あり得ない話ですね。


引用記事の最後に、今シーズンは今までのシーズンで最低の記録に終わったと
ありますが、イチローならきっと来年もまたあがいてくれると思わせる
そんな最終戦のイチローなのでした。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ