Sponsored Link

【大物】声優界と音楽界の大物二人がタッグを組んで新曲を発表へ!【二人】

芸能界にも様々な業界があります。
一般の俳優やお笑い芸人、舞台を専門に活躍する舞台俳優。
アニメや吹き替えを生業とする声優、ミュージシャンもそうですね。


時折、そういった別々の業界で大きなコラボが行われ
双方のファンを喜ばすことがありますが、今回発表された
とあるアニメの新曲で組まれる声優界と音楽界の大物タッグは
双方のファンにとって感涙モノかもしれません。

Sponsored link



林原めぐみと椎名林檎がタッグを組んだ新曲を発表!

今回のタッグについては、声優界からは数々の役をこなし
もはや、女性声優界の中では随一の存在感を誇る林原めぐみと
音楽界からはその独特な音楽・言語センスでコアなファンを持つ椎名林檎。
この二人のタッグが実現したというのですから驚きです。

林原めぐみ、椎名林檎と初タッグ「幸せをありがとう」

 人気声優で歌手の林原めぐみがシンガー・ソングライターの椎名林檎(36)と初タッグを組むことが6日、分かった。昭和の落語界を舞台にしたTBS系アニメ「昭和元禄落語心中」(来年1月スタート)の主題歌(タイトル未定)を林原が歌うことになり、椎名が楽曲の作詞作曲編曲とプロデュースを手掛ける。

 「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ役などで知られる林原とのコラボに、椎名は「天下の林原めぐみ女史。その七色の声に触れられるなど、作家として夢のまた夢」と感無量の様子。「骨の髄まで熱に浮かされそうになりながら、解熱を心掛けながら、天国と地獄を行ったり来たりしながら(制作に)取り組みました。私に思い残すことはございません」と手応え十分の様子だ。

 高揚してスタジオに向かったという林原は「あなたに『ここ、あえてこんな風に…』と言われるたび、全力でお応えせねばと、キュンとしておりましたのよ。幸せをありがとう」と感謝した。林原は今作で謎の女性「みよ吉」の声優も務める。


林原めぐみは1986年に高橋留美子原作のめぞん一刻のモブ役でデビューを果たし
その後、デビューしてまもなく様々な作品の主役級の役を務めるなど
今や、日本の女性声優陣の中でも大物と言っていい一人となっています。


代表作は引用元にもある、エヴァンゲリオンの綾波レイもそうですが
現在も続く名探偵コナンの灰原哀役、主題歌もメインで歌うことになった
スレイヤーズのリナ・インバース役、らんま1/2の女らんま役などがあります。
個人的には魔神英雄伝ワタルのヒミコとか、魔導王グランゾートのグリグリ(エヌマ)が印象に残ってますがw


前述の通り、スレイヤーズでは林原めぐみ自体が作品の主題歌を多数歌っており
声優が歌を唄う、アーティスト声優の先駆け的存在でもありました。


スレイヤーズ MEGUMIX
※アニメが終わった後、だいぶ経った後に出たスレイヤーズのMEGUMIXというCD。

時折発売されるベスト・アルバムについては、一般の楽曲に混じって
オリコンの売り上げランキング上位に度々ランクインしており
まさに、声優界の大御所の一人と言って過言ではなくなっています。


そんな林原めぐみとの共演は、椎名林檎的にも特別だったもののようですね。
林原めぐみも椎名林檎も、お互いをリスペクトしている事が分かる引用記事で
この二人が反応し合った時にどのような楽曲が生まれるのかが非常に興味がありますね。


ちなみに、アニメの主題歌として使われる予定の
昭和元禄落語心中のアニメサイトは、既に開設されております。
こちらのサイトで、それぞれのコメントの全文を見ることが出来ます。


そういえば落語を題材にしたアニメといえば
落語協会も制作に協力した落語天女おゆいなんて作品がありましたね。


落語天女おゆい Vol.1 [DVD]
※落語天女おゆい。実在の落語家が(桂歌丸など笑点メンバーが居ました)作中に出ていたようです。


今回の昭和元禄落語心中は、雲田はるこ原作による漫画です。


昭和元禄落語心中(1)


こちらも公式サイトを見る限りでは、落語協会が関わっていると思われますね。
なかなか玄人向けの通好みのアニメになりそうで、その作品に一体どんな主題歌が乗せられるのか。
椎名林檎は昭和のイメージがあるので、人選もぴったりだなと思いつつ
二人が生み出した化学反応がどのようなものであるのか、期待して楽曲の発表を待つとしましょうか!


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ