Sponsored Link

【人気】ヒカキンがスプラトゥーンの実況を始める!【ユーチューバー】

一般人だけではなく、芸能人や漫画家など
多くの著名人が、名前を直接出さずとも遊んでいることが判明している
任天堂のTPS、スプラトゥーン。


Splatoon(スプラトゥーン)


イカ旋風はまだまだ留まることを知らず、ゲームはもとより
様々なグッズ、設定資料集の発売、サントラもこれから発売するなど
任天堂がまだまだ力を入れているタイトルです。


新規ユーザーもどんどん増えており、国内ミリオンもいずれは…といった
状況まで見えてきていますが、そのスプラトゥーンにあの
人気ユーチューバー(Youtubeに独自の動画を上げる配信者)である
HIKAKIN(ヒカキン)氏が、遂にスプラトゥーンを始めたとのことです!

話題の「ユーチューバー」は本当に儲かる?その実態と現実を先駆者に聞く

米国のニュースにも取り上げられた「HIKAKIN」氏
米国で話題になったこともあるHIKAKIN(ヒカキン)氏
 ユーチューバーは、独自に制作した動画を定期的にYouTube上に発信をしている人のことを指しており、国内でその存在が次第に知られつつある。

 ちなみに、ユーチューバーやYouTubeクリエイターなどという呼び名が使われるのは日本語圏のみ。英語圏では「YouTubeパーソナリティ」「YouTubeスター」「YouTubeセレブリティ」といった表記が使われていることが多い。

 こうしたケースが広く知られるようになったきっかけは、今では日本のYouTube(グーグル)CMにさえ登場するHIKAKIN(ヒカキン)氏の影響が大きい。同氏は昨年、薬用シャンプー「スカルプD」(アンファー)のCMに出演し、その名をインターネット界内外に広く知らしめた。

 YouTubeが米国でサービスを開始したのが2005年で、翌06年には米グーグルに買収された。HIKAKIN氏はこの年からいち早く日本からYouTubeにパフォーマンス動画を公開している。10年6月に発表した「Super Mario Beatbox」は月間再生ランキングで1位となり、米国のニュースでも取り上げられたほどだ。


お笑いトリオであるネプチューンが司会をしているアカペラの選手権・ハモネプリーグにも
出演して、ヒューマンビートボックス(口で色々な楽器などを再現する技術)を披露して
その才能をいかんなく発揮してきたヒカキン。


彼が有名になったのがマリオのボイスパーカッションだったことからも
分かるように、かなりのゲーム好きでも知られるヒカキン。
現在、彼の運営するチャンネルの一つ、HikakinGamesでは様々なゲームの実況をしていました。


その実況するゲームの中に、新たにスプラトゥーンが加わったのです。
詳細は、イカの動画をどうぞ。




まだまだ始めたばかりということで、ランク50まで行った廃人の私からすれば←
まだまだ初々しい実況動画になっていますが、ヒカキンもかなりハマっているとのことで
彼の言っていることは、個人的によくわかります。


スプラトゥーン自体は、まだまだ発展途上のようですが
やはり、ユーチューバーとしての実況は非常に様になっていますね。


ヒカキンは私と同じ新潟出身ということなので、個人的には好意的にみていましたが
このスプラトゥーン動画は、アップされる度に追ってみようと思います。
問題は、他にも色々な動画をアップしているヒカキンがどれくらいの頻度で投稿するかですけどw


あ、でもナワバリバトルで万が一遭遇したら容赦はしませんw
ボールド使いなんでローラーとの相性は最悪ですけどねw


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ