Sponsored Link

【乱心】朝日新聞が乱心?天声人語を読み上げる萌えアプリが登場!

朝日新聞の朝刊の1面にあるコラム「天声人語」


基本、各主要・地方新聞社の一面には必ずコラム欄があり
私の家でとっている、地方紙「新潟日報」にも「日報抄」という
コラムスペースがあります。


毎日、様々な題材からネタを拾って独自のコラムを書く
あのスペースは、新聞社の中でも特に文章が巧い人が書いているとあって
内容云々はともかく、短い文字数で巧くまとめてあるなという印象があります。


その中で、朝日新聞の「天声人語」はもっとも有名なコラムの一つで
その名前をパクったバラエティ番組「天声慎吾」(香取慎吾)なんていう番組もありました。


学生の国語の問題に使われることもあったり、過去の天声人語を
まとめた書籍なども出ており、新聞業界のコラムの中でも
屈指の知名度を誇るコンテンツとなっています。





そんなお硬いイメージのある天声人語を、読み上げてくれる
萌えアプリが朝日新聞公式で配信がスタートしているようです。
何でも萌化すればいいってもんじゃねーぞ!?

Sponsored link



iOSで配信中!その名も「聞かせて天声人語」!

配信されているアプリはiOSのスマートフォンアプリで
その名も「聞かせて天声人語」というそうです。
Androidではまだ配信していないようです。

朝日新聞さん何やってるんですか! 萌えキャラが「天声人語」を読み上げてくれるアプリ「聞かせて天声人語」爆誕

 朝日新聞に連載されているコラム「天声人語」を、まさかの萌えキャラが読み上げてくれるiOSアプリ「聞かせて天声人語」が登場しました。その発想はなかった。

 これまでに掲載された「天声人語」を、声優が演じるヒロインたちが読み上げてくれる学習アプリ。ヒロインは高校の放送部に所属する伊勢ひなた(CV:柚原有里)、出雲姫子(CV:端沢渓)、伏見由遊香(CV:やなせなつみ)の3人で、朗読コンテストの優勝を目指して「天声人語」の読み上げに挑戦するというストーリーです。

 また、ひとつの「天声人語」につき、そのテーマに関する5問の時事クイズが出題されます。クイズに正解するともらえるアイテムを使用することでヒロインのステータスが上がり、成長に応じて新たな衣装などを獲得可能。全問正解で獲得できる「スペシャルボイス」や、特定のアイテムを持っていないと手に入らない「イベントイラスト」があるなど、妙にゲーム性も充実しています。なんてポップな天声人語なんだ……。


キャラの成長要素まであるとのことで、朝日新聞の狙いとしては
まぁ、新聞に興味が少ない若年層・オタク層への朝日新聞アピールが
あるとは思われますが…それにしても想像の斜め上ですw


声優の一人にやなせなつみが居るのが個人的にびっくり。
この方は、ゲームで結構声を当ててる方ですね。
というか、むしろそちらのほうの出演が多い。
まぁ、個人的に好きな声優ですが。特にリトバスの神北小毬。




小毬たん(やなせなつみ)カワイイよ(;´Д`)


紙媒体の新聞は、近年のネット普及やマスコミに対する不信感から
どこの新聞社も大きく部数を減らしている状況ですが、このアプリ化も
新聞に興味ない層への撒き餌なのだとしたら、時代は随分変わったなと思います。


新聞とは関係ないですが、最近では漢字検定協会が実際のアニメ制作スタジオに
漢字を題材にした恋物語アニメを作っているなどの事実もあり、アニメ・漫画と言った
通常はサブカルチャーに分類される媒体が、日本では一般的に浸透しているのは面白い話だと思います。




こういった試みを媚びていると見るか、革新的と見るかは人それぞれかと思いますが
お硬いイメージのある新聞を、馴染みあるものにしようというのは個人的には評価します。
もっとも、それ以前に日本のマスコミの腐れっぷりをどうにかしないといけませんが…


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ