Sponsored Link

【売れすぎ】ファイアーエムブレム覚醒が全世界で179万本売り上げていたことが判明!

前のブログ(現在も、ちょくちょく更新はしていますが)からの
私のブログを見ている人は薄々感づいているかと思いますが私は任天堂ファンです。


昔から根っからのゲーム好きで、現在はニンテンドー3DSとWiiUを軸に
既に34になろうというのに、まだまだゲームを楽しんでおります。


最近は見に行かなくなりましたが、一時期は2ちゃんの底辺とも言われる
ゲハ板住人でもありました。(詳しくは書きません)


なので、ゲームの話をする時は割と必然的に任天堂ハードのゲームが多くなります。
また、売上と言ったちょっと普通のゲーマーは気にしないような場所も見ています。
今回は、そんな売上の話。2012年に任天堂から出たファイアーエムブレム覚醒の話です。

Sponsored link



まずは、これから発売されるファイアーエムブレムifについて

6月に最新作が出る予定の、任天堂のSLG(シミュレーションゲーム)シリーズであるファイアーエムブレム。
発売日が近づくにつれ、色々とゲーマーの間で期待値も膨らみ
関連のニュースが定期的に更新され始めています。


シリーズ最新作であることもさることながら
売り方も、色々と物議を醸す販売方法になっており
初報が出た時は、ネット上でも大きな話題になっていました。

ファイアーエムブレムif 暗夜王国
※画像は2つある国家のうちの暗夜王国版。難易度が高く、昔からのFEファン向けだとか。

最新作のファイアーエムブレムifは、シナリオに
マガジンで様々な名義で、漫画原作を手がける樹林伸氏が
シナリオを書くなど、非常に注目が集まっています。

樹林伸

MMRという、ある意味トンデモネタ漫画で
キバヤシさんのモデルになっているのもこの人ですねw

kibayashi

このキャラは知らなくても、ネットユーザーには以下のAA(アスキーアート)を見たことがあるかもしれません。
もっとも、このAAは、キバヤシの言葉に対して衝撃を受けるマガジンミステリー班ということになりますがw

nandatte

ちなみに、私もシナリオが樹林氏と知った時は思わず
なんだってー!?と叫びましたが。
余談でした←

結局、ファイアーエムブレム覚醒の売上の凄さとは?

話が脱線しまくりでしたが、今回ファイアーエムブレム覚醒が179万本売り上げていた
事実を書いた記事は↓です。引用します。

蓮花、ゲーム『ファイアーエムブレムif』テーマ曲でデビュー

『ファイアーエムブレム』シリーズは25年の長きにわたり多くのファンに愛されてきた任天堂のシミュレーションロールプレイングゲームであり、前作『ファイア―エムブレム 覚醒』が世界累計販売本数179万本(2014年12月末時点)に達したことも話題となった。

ゲーム関連の記事ではなく、主題歌を歌うアーティストの記事で判明するのは
なんとなく皮肉っぽくも感じますが、昨年末までで179万本売り上げたと出ています。
昨年末までですから、今では180万は突破しているということでしょうね。


これの何が凄いかと言いますと、ファイアーエムブレムというシリーズは
記事にもある通り、ファミコンから続くシリーズでかなりの作品がリリースされているシリーズなのですね。


しかし、任天堂の他タイトル…例えばマリオやカービィ、ゼルダなどとは違って
ファイアーエムブレムはなかなか骨太のシミュレーションゲームで
任天堂のカジュアル向けと言ったイメージからはかけ離れた作品なのです。


一番最初にファイアーエムブレムが出た時、任天堂はCMで
「てごわいシミュレーション」と自ら言っていました。


※動画は何故かフルバージョンw

なので、今まで任天堂のシリーズが続いているタイトルとしては珍しく
今までシリーズ通して、ミリオン販売を達成したことがない作品なのですね。
(日本国内のみで。ちなみに、覚醒も日本国内では45万本程度です)


海外でもそこそこ知名度があるタイトルではありましたが
やはり、他の任天堂IPと比べると売上は弱めなシリーズなのです。


ファイアーエムブレムの何がてごわいかというと
ファンタジーシミュレーションゲームとして展開しながらも
ユニットが戦死すると、基本的には二度とよみがえることはないというシステムです。


ファンタジーシミュレーションゲームは、ファイアーエムブレムが先駆けですが
ファンタジーRPGなら、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーと言った作品が
既に出て人気を博していた訳で、その世界ではキャラが死んでもよみがえる事は出来たのです。


一度死んだら二度とよみがえらないというシステムは
それだけ、キャラに愛着が深まることになり、ファイアーエムブレム好きの間では
しばし、不毛なキャラ好き論争が始まることもあるぐらいです。


そんな、ある意味閉ざされたコアファン向け作品であったファイアーエムブレムですが
3DSの覚醒には、既存のファンだけではなく新規層を取り込む要素として、キャラが死んでも
次のマップではよみがえるカジュアルモードというライト層でも取っ付き易いモードを組み込みました。
要は、難易度設定が出来るようになったということですね。
(管理人注 ※ただし、カジュアルモード自体は初の試みではなく、DSでスーパーファミコン版をリメイクした「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~」にて初搭載されています。あくまで本編で初搭載という意味です)


この目論見が功を奏し、ファイアーエムブレム覚醒は歴代シリーズ最高の売上を記録する大ヒットとなりました。
このヒットが今回の、ファイアーエムブレムifに繋がったのでしょうね。


海外ユーザーからの評判も上々で、完全に息を吹き返したファイアーエムブレム覚醒。
その人気を裏付ける数字が、今回改めて出たことで、覚醒は成功だったんだということを
改めて認識する売上の話でした。


余談ですが、ファイアーエムブレムであって
ファイヤーエンブレムとか言うと、にわか扱いされますので注意しましょうw


ファイアーエムブレムifは、いよいよ6月25日に発売です。
ファンは期待して待ちましょう!


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ