Sponsored Link

【不可解】NHK山形のお天気キャスターが放送中に泣き出す!【放送事故】

テレビの生放送などで、予定には無いことが起こることを
放送事故と呼んでいますが、山形のNHK放送で原因がよくわからない
不可解な放送事故が発生しています。


事件が起きたのは、12月1日の夕方にNHK山形で放送されていたローカルニュース。


今日の天気を解説するお天気キャスターである岡田みはるキャスター。


okadamiharu


今日の気温と、お天気解説と言った普通のお天気コーナーなのですが
何故か原稿を読んでいる最中に泣き出してしまったのです。
放送事故の瞬間は、既に動画をアップしている人がいます(多分すぐ消されるでしょう…)




動画を見るとわかりますが、結構本気で泣いています。
見ているこちらがいたたまれなくなるレベルです。


何の前触れもなく、突然泣き出してしまったということで
非常に不可解な言動で、既にネットでは騒然となっています。
ニュースでも更新されています。

お天気お姉さん本番中に泣き出す NHK山形、画面切り替わる

 NHK山形放送局の1日夕のローカルニュース番組の天気予報コーナーで、気象予報士の女性が泣き出して原稿が読めなくなるハプニングがあった。

 番組は午後6時10分~59分の「NHKニュース やまがた6時」。天気予報は6時半からで、担当は気象予報士の岡田みはるさん。様子を再現すると…。

 「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう。冷たい北西の風が…」と紹介したが、画面に映ったのは新庄市。

 傍らから「新庄、新庄」とのディレクターらしき声。「え、現在の新庄市の様子です」と言い直した。ここで動揺したようだ。

 この日の県内の最低気温を読み上げている途中、「酒田6度1分、新庄3度9分でした…」と完全に涙声になった。

 うつむいて涙をふく姿が映し出された。「低気圧はオホーツク海に…。グス…」。画面は、お天気カメラが映し出す街の映像に切り替わった。この後もすすり泣き、予報にならなかった。


映像のつなぎ方に不自然さがあるということで、何か岡田キャスターに
当初の予定の映像とは別の映像を流して、動揺をさそうような
いじめがあったのではないか?と感じている人も多いようです。


もちろん、実際の泣いた理由はわかりませんが、生放送中にも関わらず
女性キャスターが泣き出すということがどれほどの異常事態かはわかります。


岡田キャスターが突然泣いたことに関しては、NHKで調査して
結果を発表する必要があるのではないかと個人的には思います。
NHK山形にとっては、不祥事が出てくる可能性もあるので公表はされないかもしれませんが…。
それにしても、本当に不可解な放送事故です…。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ