Sponsored Link

【極薄】日本のとあるメーカーが作った「極薄チョコ」が世界で注目されているらしい

海外の反応系のサイトなどを以前はよく見ておりまして
その中で良く翻訳される、海外反応として、日本の技術や
日本にはなんでもあるなと言った反応があります。


海外反応系は、ネタとして取り上げるため、当然運営主が
面白い興味深いコメントなどを、意図的に抜粋してるのであって
全員が全員、そのような反応を示しているとは思いませんが
日本は、不思議な国と捉えられている場合も結構あるようです。


今回は、そんな海外反応系の話。


日本のとあるメーカーが発売した、ある一風変わった
チョコが海外で注目されているらしいのです。
そのチョコの変わったアイディアに海外の方が興味津々だとか。


実は日本で発売されているものの、変わったチョコのため
あまり意識されていないようで、日本でもその商品の存在は
まだまだ知られていないようです。


海外の人を驚かせた、奇抜な極薄チョコとは!?

Sponsored link



ブルボニスト管理人の不覚!ブルボンが出す「スライス生チョコレート」

今回、海外で注目を集めているチョコとは、新潟に本社を構える
お菓子メーカー「ブルボン」が密かに開発・発売していた
スライス生チョコレート」という商品です。

スライス生チョコレート

コク深く、口どけなめらかな生チョコレートが、厚さ2mmのスライスタイプになりました。生クリームのコクと濃厚なチョコレート感をお楽しみいただけます。 スライスタイプのため、「巻く」「型を抜く」「包む」「のせる」などが簡単に出来るので、食シーンがいろいろ広がります。ブルボン独自の技術を活かした商品で特許出願中です。





商品を簡単に一言で説明すると
トーストなどに乗っけられるシート状のスライスチーズの生チョコ版…という
非常に単純明快な商品です。


普段、通常のお菓子ばかりチェックしていたため
私は、まさかのブルボンがこのような変わったアイディア商品を
出していたとは気づきませんでした…ブルボニスト一生の不覚!←
店の売り場でも、チルド製品の場所に置いてあるようです?


チョコは生チョコということで、やはり美味しいチョコになっているようで
甘さもそこまでくどくなく、上品な味に仕上がっているとのこと。


シート状のチーズと同じように、非常に柔らかく、巻いたり折りたたんだり
形を変えるのが容易なため、非常に使い勝手が良いそうです。
公式のサイトでは、多数のレシピも紹介されています。


既にネットニュースサイトでは、レシピサイトのレシピを試して
実際に食した感想をアップしている場所もあり、そこでの評判は上々です。


生チョコをスライスチーズみたいなシート状にした「スライス生チョコレート」を使ってアレコレ作ってみた


上記の記事にもありますが、このチョコ、厚さが2mm程度しか無く非常に極薄。
その驚異の薄さと、その商品コンセプトに海外サイトでの反応が凄まじかったようで
様々な国で、このありそうでなかった画期的な商品に対する注目が集まっています。

【話題】日本人の創意工夫がすごい! ブルボンの『スライス 生チョコレート』が世界のあちこちで話題に

どういう経緯で拡散したのかは分かりませんが、
ブルボンの”スライス 生チョコレート”が日本のみならず、台湾、ロシア、アメリカなど
多くの海外サイトで取り上げられ話題になっています。
中には10000を超えるイイね!がついている海外の大手サイトも。
「この発想はなかった」
「これはおいしそう」
「これは素晴らしいアイデア」
などと絶賛され、ロシア圏のブログでは
『誰もが考えていたレシピが、いくつかの賢明な日本人の
創意工夫のおかげで現実のものとなります』と紹介されていました。
誰もが知っているチーズのチョコバージョンですが、
確かに今までありそうでなかったというか、
なんで今まで気づかなかったのだろうという商品でもあります。


というわけで、日本国内より海外での反応が大きいようです。
日本では10月頃から密かに発売がされていたという情報があります。


現在、特許出願中ということで、ありそうでなかった一品。
現在は、店頭のほか12パックセットでのオンライン通販(品薄のため12月22日から順次発送予定とのこと)も
行っておりちょっと値は張りますが、これからクリスマスやバレンタインなど
チョコを使ったスイーツに触れる機会が多くなりますので、手作りする方には良い商品かもしれませんね。


なお、商品には洋酒が使われているそうで、子供に与えたり
車の運転前などに食べ過ぎしてはいけない商品ですので、お気をつけください。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ