Sponsored Link

【お騒がせ】SMAPの解散は一旦保留に!緊急生会見の視聴率は31%超え!

(投稿日付は18日付ですが、記事を書いているのは20日です)

年明けも早々に、日本の芸能界の一大スキャンダルとして
報じられた、ジャニーズ事務所の人気アイドル「SMAP」の解散騒動。


事務所の人間関係・力関係などが改めて取り上げられる中
とうとう当事者である、SMAPの5人が自分たちの看板番組である
「SMAP×SMAP」内で緊急会見を行い、今後のグループについて
各メンバーが謝罪メッセージを発信しました。

Sponsored link



解散はひとまず回避も、様々な思惑が感じられる騒動に

というわけで、本日放送分のSMAP×SMAPにて番組の内容を変更して
騒動の当事者、SMAPの5人が今後のSMAPについて謝罪メッセージを発信しました。
かなりの注目が集まって、平均視聴率は31%、旬感最大視聴率は37%を超えたとのことです。

SMAP生謝罪「スマスマ」平均31・2%、瞬間最高37・2%の高視聴率

 分裂の危機にあったSMAPが5人そろって生出演し、グループ存続を表明した18日のフジテレビ「SMAP×SMAP」(月曜後10・00)の平均視聴率は31・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。瞬間最高視聴率は午後10時22分の37・2%。メンバーのあいさつが終了した後、木村拓哉(43)が「これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたい」と締めくくり、5人が頭を下げた場面だった。

 関西地区は平均29・7%、瞬間最高33・8%(午後10時22分)だった。

 13日に騒動が発覚してから6日。国民的スーパースターの肉声に列島の注目が集まり、あらためてSMAPの存在の大きさを示した。18日にスタートした月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(月曜後9・00)が初回15分拡大のため、午後10時15分からオンエアされた。スーツ姿の5人は午後10時19分に登場。約3分、1人1人が心境を明かし、騒動への謝罪やファンへの感謝を口にした。


いかに、SMAPの去就に注目が集まっていたかですが
メッセージの内容は、視聴者を納得させるものでは
到底無かったようで、大きな批判も巻き起こっています。

【大炎上】SMAP解散の謝罪生放送 / 視聴者がフジとジャニーズにブチギレ激怒「まるで公開処刑だ!」「4人は晒し者」

・SMAP解散騒動の説明
SMAP解散騒動は、ジャニーズ事務所とSMAPマネージャーの対立から生まれた。マネージャーの退職とともに、木村を除くSMAPメンバー4人が独立するという報道がされていたのである。そういうこともあり、ファンは「SMAPが消えてしまう!!」と不安な気持ちになり、物議を醸していた。今回は、そういう状況を招いたことに対する謝罪の場というわけだ。

・解散するのかどうかは不明
しかし、謝罪放送の内容は中身がスカスカなものだった。確かに視聴者とジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長に対する謝罪はあったが、解散するのか、存続するのか、その点についてはまったく触れられなかった。

・ジャニーズから罰を受けているみたいだ!!
しかも、キムタクを除くSMAP4人が「見せしめ刑」のように感じた視聴者も多く、「ジャニーズから罰を受けているかのようだ」と、見ていて怒りがこみ上げてきた人もいたようだ。SMAPメンバーは全員が涙目になっており、精神的にかなりストレスを感じているように受け取れた。以下は、番組を見ていた視聴者の声である。

・インターネット上の声
「非人道的すぎる」
「会社内で謝罪すればよいのに、何故公共の電波に乗せて日本中に配信したのか」
「あの見せしめ生放送。本当に公開処刑でしかない」
「辛すぎます。もう自由にさせてあげてほしい」
「SMAPを晒し者にする見せしめ会見にしか見えませんでした」
「なにしろジャニーズという事務所の怖さを見た」
「見せしめって点では、スマスマでのSMAPの謝罪とISILの人質事件、全く変わらない気がする」
「ファンじゃない人達にまで囚われの身感しか与えてなくて、恐怖政治を露呈させちゃったね」
「有能な人を見せしめにしてトップの権力をアピールするって下降線に入った権力者がやること」
「事務所裏切ったらこうなるよっていう見せしめ」
「あれは事務所側の吊るし上げ」
「公共の電波で社長に謝罪をさせる。夢を売る企業のあるべき姿でしょうか」
「無理に残らないで独立ないしは移籍で良かったんじゃね?」
「葬式みてるみたい。SMAP何も悪くないのに可哀想に」
「謝罪というよりはメリーに逆らったことへの謝罪にしか見えない」
「単に謝らせて自分が満足したいだけかもしれない」
「今回のSMAP公開処刑臭やばかった」


メンバーたちの生の声が届けられたものの、その内容は
どうにも消化不良気味で、今後の確実なグループとしての活動が
保証されたようでもなく…どうにもモヤモヤする内容だったようですね。


また、謝罪メッセージがファンとジャニーズ事務所の関係者に
向けられたかのような内容になっていると捉えられるということで、パワハラ案件疑惑が浮上しており
番組自体がBPO(放送倫理番組向上機構会)の審議入り案件になる可能性が濃厚のようです。

【衝撃】SMAP解散のフジテレビ謝罪生放送がパワハラ的で問題視 / BPO放送倫理番組向上機構で審議入りが濃厚に

・ジャニー喜多川社長への謝罪
それぞれが、一人ひとり謝罪の言葉を述べていくのだが、その内容に問題があった。解散についてはいっさい触れず、視聴者とジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長への謝罪に徹した。視聴者に対して謝罪するのは理解できるものの、ジャニー喜多川社長への謝罪があったことにより、パワーハラスメントのようにとらえた視聴者が多数いたのだ。

・4人がジャニーズに戻る流れ
そもそもSMAP解散騒動は、ジャニーズ事務所と、SMAPマネージャの確執(対立)から発生。マネージャーの退職に際し、木村拓哉を除く4人がジャニーズ事務所を辞めるといわれていた。しかし事態が二転三転。キムタクがジャニー喜多川社長へ4人を許すよう話しをし、今回の謝罪会見の場がもたれたという。

・パワハラで精神的ダメージ?
そういうこともあり、今回の謝罪会見は、SMAPメンバーから視聴者への謝罪であるとともに、ジャニー喜多川社長への忠誠を見せるための謝罪の場といえる(なかば強制的な謝罪だといわれている)。


いずれにせよ、年始唐突に報道された大スキャンダルは
まだまだひと波乱ある可能性が強まってきました。
今後のSMAPの動向は、またも巷間での話題となることでしょう。

管理人的には冷めた目で見ているが…

部屋に地デジがないため、テレビ番組を全く見ない
デジかも管理人としては、SMAPの解散などは基本的には
どうでもいい話なのですが、気になっていることがあり記事にしています。


こういった大きなスキャンダルというのは、何か別の不都合なことを
隠す際に利用されていることが過去多くあり、SMAP騒動の裏で
何かもっと別の大きなことが行われている可能性があります。


実際に、SMAP騒動が出るまでは同じ芸能界でもベッキーの
不倫騒動が芸能界を騒がせていましたが、今ではだいぶ影が薄くなりました。


元々、芸能関係というのは陰謀論的な話となってしまいますが
3S政策のスクリーンに当たるものとなり、大衆を愚民化させる方向に
効果的に使われているものであるとも言われています。

3S政策

3S政策(さんエスせいさく)とは、Screen(スクリーン=映画)、Sport(スポーツ=プロスポーツ)、Sex(セックス=性産業)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策であり、そのような政策があったとの主張である。


こういった観点から今回の騒動を見ますと、まさに3S政策のScreenを
効果的に使える内容といえ、SMAP解散騒動の裏で何か大きなことが起こっている
可能性を、疑いながら見ておくべきだと個人的に思っています。


まだ収束したといえない、今回の解散騒動が
また蒸し返される時に、何か大きなことが政治などで
起こっていないか注視しておくべきだといえます。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ