Sponsored Link

【速報】元野球選手・清原和博が覚せい剤取締法違反で逮捕へ!

日付が変わる直前に、大きなニュースが飛び込んできました。


高校時代に、PL学園で桑田真澄と共にKKコンビで名を挙げ
西武ライオンズ・読売ジャイアンツで活躍したスラッガー
清原和博が、覚せい剤取締法違反で逮捕されました!

元プロ野球選手の清原和博容疑者を逮捕 覚醒剤所持容疑

 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が自宅で覚醒剤を所持していたとして、警視庁は2日、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、清原容疑者は2日午後8時50分ごろ、東京都港区東麻布1丁目の自宅マンションで、覚醒剤約0・1グラムを所持していた疑いがある。「私のものに間違いありません」と容疑を認めているという。警視庁は、清原容疑者が覚醒剤を使用していたかどうかも調べる。

 清原容疑者はPL学園の主力として夏の甲子園で2度優勝。1986年にドラフト1位で西武ライオンズに入団した。96年にFAで巨人に移籍し、08年にオリックス・バファローズで現役引退した。引退後は、テレビやCMに出演していた。


清原和博は、森監督が率いる西武の黄金時代を築いた立役者でもあり
荒っぽい気性を持ったスラッガーとして、現役時代は良くも悪くも
暴れん坊(確か、当時テレビなどでだんじりファイターなどと呼ばれていた)的な
存在で、非常に華があるプレイヤーだったと記憶しています。


デジかも管理人的には、当時のコロコロコミックで河合じゅんじ氏による
ギャグ漫画「かっとばせキヨハラくん」で馴染みが深く、当時は
新潟では全く放送が無いパ・リーグの選手ながらも好きな選手の1人になっていました。




1990年には、当時の史上最年少となる1億円プレイヤーにもなっています。


もともと、西武ではなく桑田と同じ巨人に入団したかった清原は
西武で黄金時代を築き上げた後、FA宣言を行い巨人に入団します。
1996年のオフでのことです。


当時、アンチ巨人だったデジかも管理人は、清原に今度は憎らしいスラッガーの
気持ちを抱くことになりますが、巨人では最初こそは活躍したものの
徐々に故障に悩まされる機会が多くなり、あまり出場機会に恵まれなくなりました。


最終的に巨人で結果を残せなくなった清原は
野球人生の晩年をオリックスで迎え、23年の野球人生に終止符を打ちました。


ただ、現役時代非常に人気があった選手でしたので
プロ野球の解説者や、タレントとして活躍出来る機会はあり
引退後も問題は無いと思われたのですが…人生何があるかわかりません。

Sponsored link



引退後は現役時代から大幅に見た目が変わる!

引退後も、清原のメディアの露出はありましたが
現役時代に比べると、明らかに太ったというのが
現役時代を知る人の印象だったのではないかと思います。


暫くは解説ですとか、バラエティなどに出演していた清原ですが
2014年3月に2型糖尿病で入院したことが報じられるのと同時に
週刊文春によって、薬物を使っている疑惑が報道されました。


清原はこの報道を当然否定。週刊文春の報道に対して
訴訟も辞さないといった態度すら見せていましたが
明らかに現役時代とは変わった清原について
薄々何かがある…と、感じ取っていた人はそれなりに居るような気がします。


その後は、メディアの露出はなくなり、時折散発的に
近況などが半ば、スキャンダル的な悪い方面で報じられることがありましたが
昨年、四国お遍路巡りを行ったり、メディアにまたポツポツと出始めるなど
徐々に復活の兆しを見せていました。


そんな時に報じられた、今回の覚せい剤による逮捕劇。
あまりにも突然の報に驚きを隠せませんが、今後の清原の
タレント人生は終わったであろうという状況かと思います。


色々な意味で波乱万丈な人生を送ってきた人だとは思いますが
魔が差してしまったのでしょうか…。今後の続報を待ちたいと思います。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ