Sponsored Link

【気が早い?】スプラトゥーンの野上P「続編を作るならオンラインを強化したい」【でも楽しみ】

今週末には、ポケモンの赤と緑で
初となる全世界同時のフェスが開催される予定の
任天堂のイカしたTPSであるスプラトゥーン。





今年に入ってからも、週販は毎週1万本以上をキープしており
国内だけでも150万本のセルスルーも現実味を帯びてきた
超ロングランタイトルになっています。


ここまで、人気が出ると、やはり気になるのは続編の存在。
任天堂の次世代機である「NX」の噂も、流れ始めて久しいですが
スプラトゥーン2が開発されて目玉商品になると、気の早い予想をしている人もいます。


しかし先日のスプラトゥーン甲子園では、感極まった
のが…イカ研究所所員が、まだ何か出来ないかと言ったことを
検討し始めているといった重大発言もあり、まだまだ
スプラトゥーンの動向事態から目も離せない状況です。


任天堂が生み出した爆発的な新規IPのスプラトゥーンは
海外でも注目度が高いのですが、そのキーパーソンである
野上Pが海外のゲームメディアに短いインタビューで
続編についてのことに少し触れたと話題になっています。

Sponsored link



続編は現時点では考えていないが、出すのであれば…

野上Pが、インタビューに応えた海外メディアの記事はイカのサイトと引用です。

Splatoon producer on pre-launch jitters, possibility of a sequel

Nogami told the magazine:

“We’ve dealt with online multiplayer in a number of titles up until now, but this was the first time we’d taken up the challenge of releasing a package game where multiplayer was the main mode. We were not 100 percent sure about how a few sections would be received, and so we’re really happy to see them being well received not only by experienced online gamers, but by a really broad range of players including children and female players too; it’s a real confidence boost. If we have the chance in the future, I’d like to build on online gameplay even more.”

GamesMaster followed those comments by pressing Nogami on the possibility of Splatoon 2 happening one day. When asked, he responded with the following:

“We want to raise this new IP with care, so maybe we’ll get a chance to make it happen if players support us.”


英語ですが、Google翻訳さんで大体の意味を訳してみると要は…


・スプラトゥーンは任天堂としては初のオンラインマルチプレイをメインとした挑戦的なゲームであった。
・そのため、発売当初はこのゲームが受け入れられるか100%の自信が無かった。
・しかし、結果は大成功を納め、それは自信に繋がった。
・もし、将来機会があれば、オンラインプレイをより強くしたゲームを作りたい。
・このIPは大事に育てていきたい。皆さんからの支持があればさらなる展開をするチャンスも生まれる。


と、意訳もいいところですが、要はまだ2事態は未確定なものの
今後もスプラトゥーンが支持されていくのであれば、続編の制作も
やぶさかではなく、続編が作られるかも知れないという話になっています。


そもそも、現在進行形で新規ユーザーを獲得し続けている
スプラトゥーンの続編の話については、まだまだ気が早いというのが
管理人の個人的な感想で、任天堂としても、やはりこのIPはじっくりと
時間をかけて、他の既存IPに引けをとらないものにしたいと考えているのでしょう。


ただ、やはりこれだけ数々の人を虜にしたスプラトゥーンの続編は
ゲームファンならば、期待せざるをえない状況でもあり、つくづく
開発者には大きなプレッシャーにもなるのだろうなとも思う次第です。


いずれにせよ、まだまだユーザーを楽しませてくれるスプラトゥーン。
まだまだ個人的には飽きる気配が全く無いので、続編を出されても
ある意味困ってしまう状況なので、暫くはスプラトゥーンの今後に
期待をさせていただくとしましょうか。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ