Sponsored Link

【あり得ない】貧困対策のために募った寄付金で2000万円程度が集まるも経費が…

政府が、子どもの貧困への対策として
寄付金を募るという、意味不明な制作であった
子供の未来応援基金


国が対策を施さなければいけないはずである
貧困問題において、何故か一般国民や民間企業
NPO団体などに協力をしてもらうという、意味不明な寄付呼びかけでした。


実際に、その寄付金の集まりも非常に芳しく無く
殆ど成果が上がらない状況でした。


先日、国会の場において、民主党の蓮舫議員が
呼びかけに2億円の費用を使っておきながら、集まった寄付は
大体2000万円程度という、全く基金が意味をなしていない状況を指摘しました。

「2億円以上かけて寄付は2千万円」 蓮舫氏が批判

 子どもの貧困対策のために寄付を募る「子供の未来応援基金」をめぐり、民主党の蓮舫代表代行は2日の参院予算委員会で、費用対効果の悪さを指摘した。2億円以上の税金を使って呼びかけているのに、集まった寄付は約2千万円。蓮舫氏は「2億円を基金に入れれば良かった」と訴えた。

 基金は昨年10月に創設。集まった資金を子どもの支援活動をするNPOの支援などに充てる計画だ。政府はポスターの制作やフォーラム開催のほか、インターネット広報関連などで約2億円使ったが、寄付は今年2月現在で約1949万円しか集まっていない。


対費用効果が全く出ていない状況で、もはや何のためにやったのか
意味が全く無い政策となっていますが、その内訳をみて更に仰天する内容が公開されています。

Sponsored link



ホームページ制作に「3000万円」?

国会で質疑をした蓮舫議員のHPに、今回の「子供の未来応援基金」に使われた
費用の一覧がpdfファイルにて公開されています。


http://renho.jp/wp-content/uploads/2016/03/8abc29c20046873493fcaed4ff3d647d.pdf


画像が含まれる蓮舫議員のツイートはこちら。




子供の未来応援基金のホームページは、冒頭に示したリンク先になりますけれど
このホームページのどこに3000万円かかる要素があるのでしょうか…。


ネット上にはホームページ作成の代行業者というのが確かに存在しますが
相場など、企業向けのサービスでも20~30万程度と言われております。
なので、その100倍ほどの金額はどこから出てきたのか首を捻りたくなります。


おそらくは、ホームページを作る際に色々なところを経由して
経費がどんどん嵩んでいくという状況なのでしょう。
いわば利権のため。本当にわかりやすい話です。


こんなムダなお金を使って、各種広報が行われているのであれば
蓮舫議員が指摘する通り、最初から広報費を全額子供の貧困対策に
あてればよかっただけの話であり、なにか色々と汚い思惑が透けて見える
嫌な話だなと個人的に思います。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ