Sponsored Link

【危険な世界】ベルギーの地下鉄と空港で同時多発テロ発生。多数の死傷者が出ている模様

最近の世界の動きは、本当に色々ときな臭いです…。


ベルギーの地下鉄と空港で、同時多発テロと見られる
自爆テロが相次いで起こっており、多数の死傷者が出ている模様であると
現地から緊迫感を持って伝えられています。

<ベルギー>空港ロビーで爆発、複数の死傷者 テロの可能性

 【ブリュッセル斎藤義彦】22日午前8時(日本時間午後4時)ごろ、ブリュッセル北郊のブリュッセル国際空港1階にある出発ロビーで2度の爆発があった。少なくとも1人が死亡、複数の負傷者が出ている模様だ。空港は閉鎖され、航空機の発着は停止された。空港につながる鉄道やバスなども全て休止された。原因は不明。テロの可能性がある。


先に爆発が確認されたのは、ブリュッセル国際空港で
その後、地下鉄でもテロが起こったことから同時多発テロである可能性が非常に高いです。

ブリュッセルの空港で自爆攻撃、11人死亡 地下鉄の爆発でも15人死亡

[ブリュッセル 22日 ロイター] – ブリュッセル空港の出発ロビーで22日午前、自爆攻撃による爆発があり、少なくとも11人が死亡した。この直後にブリュッセル市内の欧州連合(EU)機関近くにある地下鉄駅でも爆発があり15人が死亡した。

公共放送の報道によると、ベルギーの検察当局は、空港での爆発は自爆によるものと断定した。


空港は自爆テロであることが断定され、先日、パリでの同時多発テロの実行犯が
ベルギーで逮捕されたこともあったので、その報復の可能性も高いのではないかと思われます。




ベルギーは、テロとの戦いに積極的な国であり
イスラム国からテロのターゲットとしての指名を受けていた国でも有りました。


ツイッターなどでは、現地の混乱を捉えた映像なども
投稿されており、かなり大規模なテロであったことが窺えます。




このところ、全世界でテロが相次いでおり
混乱を窮めている状況です。


日本も、過去イスラム国にターゲット国として
指名されており、日本も対岸の火事では済まされない状況になっています。


少なくとも、暫くの間、日本でも大きな駅や空港などでは
警戒が必要といえ、人口密集地に住む人々は特に注意が必要かと思われます。



テロとの戦いを標榜しても、このような自爆テロをされては
どこの国でも、殆ど為す術はありません。
世界は泥沼状態に陥りつつあるのかもしれません。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ