Sponsored Link

【珍賠償】無断駐車を40分した女性に課せられた賠償額がすごすぎて思わず二度見!

日本の車社会にとって、重要な問題の一つとなっているのが車を駐車する場所の問題。
昨今では、色々と取締が厳しくなっており、ちょっと路上駐車をしていたら
駐車禁止違反になって、罰金を払う羽目になったとか。車が多くなりすぎた弊害が出ています。


そんな中、ある程度広い土地を所有する人たちは、その土地をそんな人々のために
青空駐車場などどいった、簡易駐車場を自分の所有する土地に、他の人に提供していることがあります。
費用があまりかからない上に、契約者からの定期的な収入が入ってきてメンテナンスもあまりしなくていい
青空駐車場は土地所有者にとっては、場合によっては土地の有効活用になりうるのです。


今回は、青空駐車場と思われる敷地に無断で40分、契約者ではない女性が
駐車したことから、今回の裁判が起こりました。
その裁判でくだされた賠償額がすごすぎて、思わず個人的に二度見してしまいました。

Sponsored link



無断駐車を無くすため「200円」の賠償を求める

たかだか40分の無断駐車で…と、訴えられた方は思うかもしれませんが
土地の所有者にとっては、看過できない問題だったようです。
土地の所有者が、その無断駐車をした女性に求めた賠償額はなんと200円


2万とか20万とかじゃなく、200円です(大事なことなので二度言いました)

無断駐車やめさせるため提訴、200円賠償命令

 月決め駐車場に約40分間無断駐車した女性に所有者が200円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(比嘉一美裁判長)が女性に200円の支払いを命じていたことがわかった。

 原告は弁護士をつけずに提訴。費用は5000円以上かかったが、「年間100台くらいの無断駐車があり、やめてもらうために訴えた」と話している。

 14日に言い渡された判決によると、女性は昨年3月、大阪府摂津市内の駐車場に軽乗用車を無断で止めた。

 女性側は「駐車場ではなく空き地。車を止めたからといって所有者に損害は発生しない」と主張。比嘉裁判長は「所有者には自分の土地を承諾なく利用されない権利がある」と、これを退け、近隣のコインパーキングの料金から「40分間」の損害額を算定した。


200円の賠償をさせるために、5000円以上の費用がかかっているとは…
採算度外視での賠償ですから、よほど腹に据え兼ねていたのでしょうね。
それにしても、こんな少額の裁判だと、何か判決を読み上げるときとか間抜けっぽいんだろうなぁ…w


裁判所も仕事とは言え、このような案件を担当することになって
内心苦笑いをしているのかもしれませんね。もっとも、彼らは
もっととんでもない事件も裁いてはいそうですが…w


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ