Sponsored Link

【気になる値段は?】ニンテンドースイッチの発売日と価格がイギリスの新聞で報道か?真相は?

正式な発表まで、あと一週間を切った、任天堂の次世代ゲーム機であるニンテンドースイッチ。
当ブログでも連日、一般の人は呆れるかと思うぐらいに、色々なニュースを取り上げていますが
今日もまた、性懲りもせず海外から届いたリーク(例によって確定ではない)を取り上げたいと思います。


ツイッターのとあるアカウントが、イギリスの新聞のキャプチャーを紹介し
その文章には、ニンテンドースイッチの発売日と、イギリスでの価格が詳細に
記載されています。果たして、この記事は本当なのでしょうか?

Sponsored link



3月17日発売。245ポンドで販売か?

今回、そのイギリスの新聞の内容がツイッターでつぶやかれているのは
とある海外ユーザーのアカウント。まずは、そのツイートを貼ります。




ユーザーがわかりやすいように赤枠で囲った部分が、該当の部分になります。
そこを見ると、発売日が3月17日。価格が245ポンド(£はイギリスのポンドのマーク)と
記載されている部分が分かるかと思います。


今現在、1ポンドは日本円にして約144円となっていますから
245ポンド=35280円となります。日本で発売するとすれば約35000円が妥当な線でしょうか?


ただし、このリークについては胡散臭いところもあり、まずつぶやいているアカウント自体が
昨年の6月に作られているにも関わらず、今回のツイートが初ツイート。
更に、アイコンもツイッター初期設定である卵アイコンであることから、どうにも信憑性が低い疑念も拭えません。


ただ、常識的に考えて、今まで発表されたスイッチの性能や周辺機器の構成から考えて
結構妥当な線をついているとも考えることも出来ます。発売日は、日本でも予想されている辺りの日付ですしね。


任天堂の君島社長は、スイッチについて赤字で売らないことを明言しており
いわゆる、逆ザヤの販売方法はしないとしています。
それでいて、今までのゲーム機と比べて格段に高い価格で売ることもないと語っていました。

任天堂 君島社長『NXはWiiUや3DSの後継機ではない』『今までより遥かに高い価格にはならない』

 ――価格も注目です。任天堂は、買いやすい価格にこだわってきた歴史がありますが。

 「任天堂のゲーム機を買っていただくための価格帯というのは、ある程度あります。開発者はいろいろな機能をつけたがりますが、赤字で出すことはできません。そのせめぎあいで、最終的な形が決まりました。『新しいものだから、今までのゲーム機よりもはるか高い』というやり方は、ないと思っています」

http://digital.asahi.com/articles/ASJ5903YMJ58PLZB00Z.html


ちなみに、今までの任天堂の据え置き機というのは、スーパーファミコン以降
定価は全て25000円(税抜き。Wii Uプレミアセットは除く)となっています。
25000円の壁が任天堂にはあります。高すぎると普及に時間がかかるのです。
ニンテンドー3DSや、ソニーのPS3などは値段の設定で最初躓いた実例があります。


果たして、あくまで「おもちゃ屋」のスタンスは崩さないと思われる
任天堂が、今回のスイッチについては、どんな価格をつけてくるのか?
13日の発表から、ますます目が離せないことになりそうです。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ