Sponsored Link

【理由は?】エスパー伊東が1月10日のイトーの日に芸能界引退を発表!

個性的な風貌を持ち、様々なスゴイのかショボいのか
良くわからない脱力系芸人として、活躍していた「エスパー伊東」




テレビの仕事はもちろんですが、今時珍しい全国をドサ回りして
結婚式などの余興で、芸を披露して、年収8桁を稼いでいるという
苦労人の芸人でもあります。


数々の奇行と伝説を作り出してきた、エスパー伊東が遂に引退することを決断したと報じられています。
今現在、56歳と確かに数々の型破りな芸をするには、年齢面で厳しさが出てきていましたが
どうやら、健康面での問題が、彼に引退を決意させたようです。

Sponsored link



全身ボロボロ…第二の人生は「芸術家」

胡散臭さには定評のある、東スポが今回のエスパー伊東こと
伊東万寿夫の引退について、詳細を記事にしています。以下引用。

エスパー伊東「体力限界」で芸能界引退へ 芸術家に転身

 さらば、芸能界! ハイ~! 高能力芸人として一世を風靡したエスパー伊東(本名・伊東万寿男=56)が、芸能界を引退し芸術家に転身することが本紙の取材で分かった。エレクトリカルパレードのテーマ曲に乗ってボストンバッグの中から登場し、黒タイツ一丁のまま「爆裂鼻手袋」「ラケットくぐり」「高速電話帳破り」などの“脱力系超人芸”の数々を披露。営業本数でトップレベルを誇る売れっ子の突然の決断に新年早々、お笑い界に激震が走った。

【ドクターストップ】「長年、ネタ道具一式が詰まった重さ20キロのバッグを一人で抱えて、毎日のように営業で全国を走り回ってきた。最近、重さに耐えられず転ぶことが多くなり、全身が重さの影響でゆがんできた。昨秋には疲労の蓄積で、朝起きたら肋骨が3本自然骨折していた。このままではいずれ車いす生活になると医者から警告された」

 肩へのダメージから首は曲がり、股関節を痛めて右足を引いている。背筋力200キロの怪力を武器に、プロレスのリングにも上がるなど“アスリート系芸人”として活躍してきたが、その面影はどこにもない。

「ダメージが蓄積して体が弱っている。首、肩、腰、股関節、ヒザ、足首が全部悪い。もうラケットくぐりもできない。所属事務所からは『根性を出せ』とハッパをかけられたが、そういう問題ではない。誰にでもこういう日は来るので仕方ない」

中略

【鶴太郎を超える】今後は当分の間、これまで受けた仕事をこなしつつ治療に専念する。「いま受けている仕事を片づけたら、以後の営業は基本的に受けない。ただ、体調などと相談して、どうしてもという話があれば、近場だけは引き受けるかも」という。

 あまり知られていないが、エスパーは学生のころから絵画コンクールで入選するなど才能を発揮し、漫画家のアシスタントやアニメーター、図鑑の挿絵を担当していたことがある。芸能界入り後も漫画の連載や、占い本の執筆などを手掛けてきた。

「アクション・ペインティングのジャクソン・ポロックのような、誰もやったことがない世界を切り開き、新風を吹かせたい。絵を描いてきた時間は、大先輩の片岡鶴太郎さん(62)やジミーちゃん(大西=53)より長い。2人を超える自信はある」。現在、アイデアを練っており、いずれ個展を開くという。


というわけで、過酷な芸と、その道具の運搬を続けてきたがために
身体のあちこちが、ボロボロになっているのが原因とのこと。
身体を張った芸がウリですから、本人としては苦渋の決断だったのでしょうね。


また、記事の後半に所属事務所のコメントもありますが
何だかネタと本気が混じったような、何とも味のあるコメントが出されておりますw

エスパー伊東「体力限界」で芸能界引退へ 芸術家に転身

<所属事務所の話>本人が体調不良で「辞める」と言っているのは事実。以前から酒癖が悪い上、最近は酒に弱くなった。神経に問題があるのか、酒を飲んでいないのに酔っているような雰囲気があり、10メートル歩くのに1分かかることもある。所属していた春一番さん(2014年に肝硬変で死去)のこともあるので、精密検査を受けさせたいが、なかなかOKしない。半年先まで仕事が決まっており、その分はこなす。以後は未定。本人がアートをやりたいと言っているのは承知している。家庭など失うものがないのでヤケになっている印象があり、心配している。


東スポが記事の発信源ともあり、どこまで本気で深刻な話なのかはわかりませんが
代わりのいない、唯一無二の芸人だったのは間違いないと思います。


第二の人生として、芸術家になるそうですが、審美眼の無い私には
彼の絵が上手いのかはよくわかりません。いずれにせよ
個展は開かれると思いますので、その時に評価が固まるでしょう。


彼が芸術家として大成するかは神のみぞ知るでしょうが、今現在も
借金生活を送っているというエスパー伊東。今後の第二の人生はどうなるでしょうか?


※完全余談ですが、管理人の昔のあだ名が「エスパー伊東」でしたw
もう20年近くも前の話ですが←どうでもいい


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ