Sponsored Link

【思ったより】ニンテンドースイッチのプレゼンテーションが放送!発売日と価格が決定!【安い】

1月13日・13時に、全世界同時放送で任天堂の次世代ゲーム機である
ニンテンドースイッチのプレゼンテーションが行われました!


このブログでも、何度も記事にしておりましたが、遂にこの日が来たか…と
思わず感慨にふけってしまいましたw


任天堂が過去例を見ないほど、今回のスイッチはかなりの情報統制が
行われており、海外からのリークが多数される中、今回の発表会は
その答え合わせとも相成った状況です。


色々と思うことがありますが、一番気になっているのは
本体の発売日と価格。個人的予想は35000円でしたが果たして結果は?

Sponsored link



3月3日発売!価格は29980円!(税別)

というわけで、任天堂が公開したプレゼンテーションの動画を早速貼りましょう。




冒頭では、君島社長が挨拶を行い、その後はそれぞれの開発部門やソフト開発者が
壇上に登場し、スイッチに関する情報をそれぞれ伝えていく…という形式で発表が行われました。


そして、君島社長が告げたニンテンドースイッチの発売日と価格は…


3月3日発売・29980円(税別)


という価格でした!
個人的予想からは、かなり安かったです。
リークされていた情報から考えると…ですが。


予約は、1月21日から開始だそうです。
以前、初回出荷は全世界で200万台と君島社長が発言していたような気がしますが
これは、予約出来るでしょうかね…。個人的にはこの価格なら予約確定です。


もちろん、価格や発売日だけではなくニンテンドースイッチの新情報も
色々と更新されていました。特に気になった点を幾つか。


まずは、ゲームモードについて。


いわゆる据え置き型となる、ドックに差し込んでのテレビでのプレイはTV MODE。
PVでもあった、スタンドを立ててプレイするモードをTable MODE。
そして、ジョイコンと呼ばれる着脱可能なコントローラーを両脇に差し込んで使う携帯モード。


この中で、Tableモードは、各々が持ち寄ったニンテンドースイッチを
最大8台ローカルプレイでつなげるとのこと…。
つまり、現在ではほぼ実現不可能なローカルで8人顔を突き合わせての
スプラトゥーン…なんてことも可能なわけです。


スプラトゥーンは、個人的にイチオシだったんですが、人に体験させるのは
結構敷居が高いソフトでした。フレンドなどがいればいいのですが
居ない場合に、初心者に体験させるのが難しいというか。
バトルドージョーでは、最大限の魅力を発揮できませんので。


それがスイッチがあれば、モニターがそれぞれであるわけなので
だいぶ敷居が下がるということになります。持ち運びも簡単にできるわけで
これは、色々と楽しめそうな感じです。


あとは、新たな着脱式コントローラーであるジョイコン。
左と右の2つのコントローラーに分かれることは、PVでわかりきっていましたが
これが、かなりの高性能な仕上がり。


特に、それぞれのコントローラーに加速度・モーションセンサー…すなわちジャイロ機能を仕込んでいるとのことで
これで、スプラトゥーンのジャイロセンサーをどうするのか?と言った問題も解決になります。
両方共入っているので、これを使った新たな遊びが考えられそうです。


また、HD振動という、振動機能に対応しており、今までのゲームの振動に比べて
更にその感覚を想像できるような…プレゼンテーションでは、氷の入ったグラスという
感触を例に上げていましたが、これも使い方次第でゲームの没入感を増すことに一役買いそうです。


例えば、ロンチにまさかの復活をしたボンバーマンの新作がありますが
ボンバーマンが爆弾を置いた時に、何かしらの手応えが手元に振動として伝わるとか。
スプラトゥーンでいえば、シューターを撃った反動とか、そんな表現も出来るのかもしれません。


発売日と同時に出るタイトルは、少なめですが、最初の出荷数などを考えると
割りと妥当な線に落ち着いているとは思います。
とにかく、ジョイコンが予想以上に高性能で、こちらは実際に触ってみたいですね。
明日、あさってと体験会もありますから、このあたりは体験した人の感想待ちですかね。
まぁ、そんな感想を見なかったとしても買うことは決定しておりますがw


しかし、今回のプレゼンテーションで全ての発表をしたのか…という感じもあります。
もしかしたら、これから発売までにもう少し追加情報があるかもしれませんね。
発売までのおよそ2ヶ月間については、任天堂もイベントを多数開催する予定のようですので
今後のスイッチの続報にも期待です!


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ