Sponsored Link

【は?】ファイナルファンタジー30周年記念として108000円のワインが販売されることに!

1987年に、ファミコンでスクウェア(現スクウェア・エニックス)が
発売したRPG作品である「ファイナルファンタジー





一年先に発売されていた、同じRPGであるドラゴンクエストの
フォロワー的存在で最初は発売された作品ですが、ドラゴンクエストよりも
更にファンタジー色を強め、映画のような演出を取る手法が新たな
RPGとして認知されるようになり、日本の大作RPGシリーズとなりました。


全盛期は、発売されるごとに社会現象に近いブームを巻き起こしており
出せばミリオンはおろか、200~300万の売上を記録することが当たり前の作品となりました。
ドラゴンクエストとは違って、海外でも知名度がありコアなファンが居ます。


今年は、そのファイナルファンタジー生誕の30周年に当たります。
とはいえ、最近のファイナルファンタジーシリーズはIPだけが独り歩きしているような状況で
最近発売された最新作のファイナルファンタジー15については、惨憺たる有様であったことは
このブログでも、話題にさせていただきました。


全盛期とは程遠い現状のファイナルファンタジーですが
その、30周年記念アイテムが公式で発売されることが決定しましたが
その商品の内容が、果たしてゲームファン的にどうなのか…といった内容となっています。

Sponsored link



ビンテージワインとスワロフスキーの特製ワイングラス。明らかに高いのはワイングラス。

タイトルにも書きましたとおり、今回の30周年の記念商品はワインだそうです。


・・・・・・は?


と、思わず言いたくなる気持ちを抑えて←
商品の内容について言及したページを引用します。

【朗報】ファイナルファンタジー30周年記念ワイン発売決定! 超プレミア価格108000円で数量限定販売
ファイナルファンタジーのファンにとってたまらなく魅力的な情報が入ってきた。ファイナルファンタジー30周年記念として、超激レアなプレミアムワインを数量限定で販売することが決定したのだ! しかも、スワロフスキーのワイングラスが2個もついてくる極上のファンアイテム。

・シャトーメイネイをセレクト
もちろん、ワインもグラスもファイナルファンタジー30周年記念バージョンであり、デザインやラベルが特別なものになっている。しかもこのワイン、初代ファイナルファンタジーが発売された1987年のもので、スクウェア・エニックスは「ブラインドテイスティングした結果、美しく熟成され飲み頃を迎えていた、このシャトー・メイネイをセレクト」と紹介している。生産地はワインの本場、フランスだ。

・ファンアイテムとして適切な価格
ちなみに商品名は「FINAL FANTASY30th ANNIVERSARY ULTIMATE WINE クリスタルエディション(スワロフスキー・クリスタルを使用したオリジナルペアグラス付き)」である。通販サイト「e-STORE」で購入可能で、価格は税込みで108000円。ファイナルファンタジーの特別な限定ワインなのだから適切な価格といえるし、ファンのレア系コレクターズアイテムとしては安価といえるだろう。

・さらに寝かせても良い!?
このワイン、作られてから30年の月日が経ち、成分のタンニンが丸く穏やかにまとまっているという。スクウェア・エニックスのスタッフによると、30年間、まったく移動させずにそのまま寝かせていたワインとのこと。それは期待が高まる! 購入後に飲むのもいいが、良い状態で保存できるなら、さらに寝かせても良いかもしれない。

・FFで遊びながらワインを堪能する
生誕から30周年という記念すべきこの年。真のファイナルファンタジーファンならば、このワインとグラスをゲットして、歴代のナンバリング作品をプレイししつつ、その味に酔いしれたいものである。そう、その味はファイナルファンタジーの歴史が始まった年の味なのだから。





これはろうほうだぁ(棒


そりゃ、1987年に生まれた人は、今は30歳で立派な大人…ワインぐらいも嗜むでしょうが…。
何でしょうか。この強烈なコレジャナイ感は…。


ちなみに、30年寝かしたと言っても、ワインは千差万別であり
某11月の第3木曜日に解禁されるあのワインとかと、そこまで変わらないと思いますね。
まぁ、俺は味の違いが分かる男!と嘯ける人はよろしいかと思いますが。
私はさっぱりわからないので、安い市販のワインでいいですw←


それと、もう一つのワイングラスのスワロフスキーのワイングラスですが
ここのワイングラスは高価なワイングラスとして有名です。
オーストリアにある会社で、高級ガラスを扱った商品を多数販売しています。


【何で高いの?】スワロフスキーって何ですか?【ラインストーンとは違うの?】





スワロフスキーのワイングラスのペアで、だいたい5~6万が相場ですから
ファイナルファンタジー刻印で、プレミア感を出しているところから
販売価格のうち8~9万ぐらいはワイングラス分なんでしょうね。
それにしても、上記の記事の書き方がどことなく褒め殺しというか
バカにしている感じが出ている気がするのは、私だけではないでしょう。


ワインは寝かせれば熟成して味が深まるのかもしれませんが
ファイナルファンタジー15は、前企画のヴェルサスから10年近く
開発して、散々な作品が出来上がってしまったので、寝かせた年数と
味(出来)には、全く相関関係が無い…少なくともゲームの世界では…といえるかもしれません(毒)
しかし、本当に誰が買うんだろうか。こんなもん(暴言)


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ