Sponsored Link

【大絶賛】ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの海外レビューが軒並み高評価!時オカ超えの声も!

いよいよ、今週の金曜日である3月3日に発売される
ゼルダの伝説シリーズの最新作である「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド


 


同日発売のニンテンドースイッチと、Wii Uの縦マルチとなっている本作は
制作に長い時間が費やされ、ファンをやきもきさせてきた作品でもあります。


しかし、昨年からPVが断続的に公開され、1月13日のニンテンドースイッチプレゼンテーションで
発売日が発表されると、主に海外での人気が高いゼルダシリーズを待ちわびていたファンの間で
歓喜の声があがったのは、このブログでも記事にしたとおりです。


【大歓喜】ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの海外反応が面白すぎるw


もちろん、日本のファンでもこの作品を待望しているユーザーは大勢居ます。
やはり、31年続く作品の根強い固定ファンは相当数いるのです。


その3月3日が待ちきれないゼルダの伝説ブレスオブザワイルドですが
海外のゲームレビューサイトが、いち早くレビューを続々と投稿し
ブレスオブザワイルドが、ゼルダの伝説シリーズの最高傑作であると断言するような
レビューが多数投稿されているようです!

Sponsored link



海外で歴代ゲームNo.1と評される「時のオカリナ」を超えるかも!との評も。

海外では、特に注目されている今回の新作ゼルダの伝説。
今まで、様々なゲームメディアがこの魅力的な世界を紹介してきましたが
実際にプレイして、更にその世界観に魅せられる人が続出しているようです!
海外のレビューを直訳した2ちゃんの、とあるスレッドを引用します。

【神ゲー確定】ブレスオブザワイルドのレビューがべた褒めな件【ゼルダ】

レビュー
GameSpot直訳
・時オカの時も革命だと思ったがブレスオブザワイルドで再び革命を感じた。シリーズの革命であり、オープンワールドの革命でもある。
・ホライズンは素晴らしいゲームだ。しかしゼルダと並べるとそれが疑わしく思えてくる。
・同じオープンワールドゲームとして、それぞれのいいところをリスト化すると、ゼルダはホライゾンの2倍長くなる。


theguardian
何がここまでBotWを素晴らしくしているかの問題の核心に悩むことは簡単で、もっと大きな事実を見逃してしまう。
このゲームは美しく面白く夢中にさせる。
少なくともスーパーマリオ64以降、私がプレイしたどんなコンソールのロンチタイトルのなかでもベストなものだ。
この世界に100時間費やすのが待ちきれない。


engadet
スイッチ初期のラインナップが弱いのは疑いようもない。
しかしこれ(ゼルダ)は挑戦的で、心を奪う、本当に美しいゲームだ。
5時間の体験で、スーパーマリオ64以来の任天堂の最も強いロンチタイトルだと感じた。
もしあなたが今までプレイしようと考えていなかったのなら再考することを嘆願する。


METRO
欠点を探そうとベストを尽くしたが、大いに感心する結果に終わった。
我々は既にここでは話せないことや任天堂がヒントをくれた別の秘密について知っている。
現段階で、もしこのゲームが時のオカリナ以来のベストなゼルダにならないなら驚くだろう。
時のオカリナを超えるかもしれない。
そして多くの人間が時のオカリナを史上最高のビデオゲームと見なしていることから、BotWがどれだけ良い作品か言い過ぎることはない。


というわけで、軒並み高評価レビューですね!
特に欠点を探そうとしたという下りは、いかにも海外らしくて面白いですね。
レビュアーとしては、アラも探す必要があるのでしょうが、それすら諦めるほどの
完成度ということなのでしょうか。日本ではどう評価されるのでしょうか?


更には、海外のゲームレビューとしては辛口で知られる
EDGEというサイトで、最高点の10点も叩き出しています!

ゼルダの伝説BOTW、EDGEマガジンで久々の10点満点!!!!!

http://www.neogaf.com/forum/showthread.php?t=1347513

Reviews
The Legend of Zelda: Breath of the Wild [10]
Horizon Zero Dawn [9]
Nioh [9]
Sniper Elite 4 [7]
Torment: Tides of Numenera [8]
Aaero [7]
Dexed [6]
Dandy Dungeon [9]


中々満点出さないゲーム誌で有名なEDGE
ブラッドボーン以来の満点か?


もちろん、人それぞれの感性がありますから、万人に当てはまるレビューなどありませんが
個人的に注目したいのは、あのゼルダの伝説・時のオカリナを超える作品である可能性が高いという
レビューが随所で見られるということ。





ニンテンドー64で発売された、ゼルダの伝説・時のオカリナは1998年に発売された
ニンテンドー64での最初のゼルダの伝説シリーズの作品であり、とてつもない完成度から
3DアクションRPGの到達点として、国内外で高評価を得ており、特に海外では、過去の全ての
ゲームの中でも、歴代平均最高点をマークしているソフトであるのです。

海外レビューサイトでゲーム史上最高得点 なぜゼルダは国際的に高い評価を受けるのか?:「なんでゲームは面白い?」第四回

 「ゼルダの伝説」、それは世界で最も高く評価されているゲームタイトルである。

 NINTENDO64で発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ』はファミコン通信によるクロスレビューで史上初となる40点満点を獲得、海外のレビューサイトからの得点を集計し、その平均値をスコア化するMetacriticというサイトにおいても現時点における最高得点(99点)を獲得している。


19年前に出た時のオカリナが、未だに史上最高平均点をマークしているのですね。
海外と日本では、多少違いもありますが、時のオカリナは圧倒的クオリティがあったということです。


その、時のオカリナをいよいよ王座から引退させて、新たに代替りで
君臨すべき作品が、このブレスオブザワイルドだということを、EDGEのレビューでは
レビュアーが力説しているわけで、これがどれほどの興奮かということがよく分かるかと思います。


プレイした人の間では、軒並み高評価であるブレスオブザワイルド。
いよいよ発売は、今週の金曜日です!


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ