Sponsored Link

【超期待!】ゼノブレイド2の楽曲数がとんでもないと光田康典が悲鳴!

まだ詳細は判明していませんが、1月13日の、ニンテンドースイッチで
発表されたタイトルの一つで、日本のRPG好きを歓喜させた名作の続編である
ゼノブレイド2」が今年中に出ることが発表されました。




元々ゼノシリーズというシリーズがあり、最初はPSでスクウェアから発売された
ゼノギアスが最初のタイトルです。元スクウェアに在籍していた高橋哲哉というクリエイターが
FFVIIの裏側で開発していた作品であり、PSでゼノギアスが出た時は話題性もあってかなり売れました。




ゼノギアスはミリオン達成すれば、続編の承認がスクウェアの内部から出る予定でしたが
僅かにミリオンに届かず、高橋哲哉は自身が作ったゼノシリーズの制作を続けるべく
スクウェアを退社。その後、当時のナムコから出資を受け、かつての仲間とともに
モノリスソフトというゲームディベロッパーを設立します。


そして、今度はナムコをパブリッシャーとして、ゼノサーガシリーズをPS2にリリースします。
ゼノサーガはエピソード3まで作られ、女型アンドロイドのKOSMOSなどは、かなりの人気キャラとなり
アニメ化もされたほどです(あまり評判は良くなかったみたいですが…)





2007年にバンダイナムコゲームスから、株式の80%が任天堂に譲渡され
任天堂の完全子会社…つまり、任天堂のセカンドとなります。
残業が一切ない、ゲーム業界では珍しいホワイトな会社として知られます。


そのモノリスソフトが任天堂傘下になってから、作った初めてのゼノシリーズが
日本はおろか、海外でも絶賛を受けた「ゼノブレイド」です。




Wiiで発売されたゼノブレイドは、DVDメディアでしたが、その容量の限界近くまで使って
目に見えるところの殆どに行けるような、広大なオープンワールド的なRPGを国産で作り
国内外のRPG好きから絶賛されました。そして、Wii Uで探索を重視した「ゼノブレイドクロス」が
発売され、現在もゼノシリーズはシリーズ物として発売されています。


ゼノブレイド・ゼノブレイドクロスで培ったオープンワールド制作ノウハウは
最近発売された、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドにも活かされています。
モノリスソフトのスタッフが開発に加わったことが明らかになっています。


と、RPG好きなら期待せずにはいられない、ゼノブレイドの最新作が
ニンテンドースイッチで出るということで、このゼノブレイド2のために
ニンテンドースイッチを購入する層は一定数いると思われます。


超大作の匂いしかしてこない、ゼノブレイド2ですが
その規模の大きさを示すような話が、ゼノブレイド2に音楽で参加する
光田康典氏のブログで明らかにされています!

Sponsored link



楽譜の数に光田康典も悲鳴!大規模レコーディングが控えていることを暴露!

ゼノブレイドでは、音楽を作っている作曲家が複数人いました。
今回話題にさせて頂く光田康典。クロノ・トリガーでデビューしたゲーム音楽作曲家で
かなりの人気を誇るゲーム音楽作曲家です。


その他、ACE+と呼ばれる3人組の作曲家、清田愛未、下村陽子といったメンツで
ゲーム音楽好きには、下村陽子と光田康典はよく知られている作曲家です。
6人で音楽を作っていたのが、ゼノブレイドで、その曲数は膨大なモノとなっています。
サントラが発売されたのですが、楽曲各1周の収録にも関わらず、CD4枚組という大ボリュームでした。


ゲームの質の高さと同時に、音楽も非常に評価されていた作品であり
敵との対峙や、名を冠する者たちといった曲は、ゲーム音楽全体で見ても
かなりの人気を誇る曲となっています。個人的に好きなのはガウル平原ですね。








と、ゲーム音楽好きをもうならせる数々の名曲が生まれたゼノブレイドですが
新作のゼノブレイド2も楽曲がとんでもないことになりそうなのです。
以下、光田康典のブログ記事より。

レコーディング準備

今月末に大規模なレコーディングが控えています。
もちろんタイトルは例のXenoなんちゃらです。
今回作家が自分をいれて5名いるのですが、
譜面は僕が全部とりまとめているため、
凄い量の譜面になりそうな予感・・・。
アルバイトでも雇わないと間に合わないかもしれない(^^;)。
この写真はまだ1/4程度。
しかも全体の楽曲数からしたら半分ぐらいなので
先はまだ長い。
一歩ずつ確実に頑張っていくしかない。



とんでもない厚さの楽譜が見えますが…(汗
今ある楽譜の4分の1程度でこの厚さ。
更に全体の楽曲数の半分の4分の1…ということは
この厚さが8倍ぐらいになるということでしょうか。


音楽を作る人にとっては、非常に大変なことこの上ない話ですが
逆にユーザーからすれば、これだけの楽曲が使われる超大作ということにもなるわけで…。
2017年発売予定とのことですが、果たしてゼノブレイド2の発売日はいつになるのでしょうか?
RPGファンとしては、注目せざるを得ないタイトルと言えるでしょうね。


にほんブログ村 ゲームブログ 任天堂へ
にほんブログ村


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ