Sponsored Link

【即対応】ニンテンドースイッチの左ジョイコンの不具合に任天堂が対応。これからは問題ないとアナウンス!

3月3日に、全世界同時発売となった任天堂のニンテンドースイッチ。




発売から出だしは世界で好調と報じられており、今現在は品薄でなかなか手に入らない状況が続いているようです。
ロンチは重要ですが、まずは掴みはOKといったところでしょうか。


さて、ニンテンドースイッチですが、発売前に海外発のメディアからもたらされた情報の一つとして
左ジョイコンの無線コントロール通信が途切れることがあるといった点が指摘されていました。

【悲報】『Nスイッチ』ジョイコン操作が効かなくなる不具合が海外ゲームメディアで報告「ジョイコンがプレイ中に同期しなくなった!修正しないと大問題になる」

しかし『ニンテンドースイッチ』最大の問題は、基本的な製品としての信頼性が欠けているという点である。
『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』ゲーム中に、左側のJoy-Conコントローラーがスイッチのコンソールからの同期が部分的、または完全に失われ、TV接続中にゲームが停止する、もしくはコントロールが効かなくなる問題が何度も発生した。これはゲーム機として致命的である。

この問題を経験しているのは私一人だけではなかったようだ。
レビュー用の「ニンテンドースイッチ」を受け取った複数の任天堂レビュアーがJoy-Conを使用している間に同じような問題を経験したと報告した。


リンク先は、ゲハ的な位置づけなのでかなり煽られておりますが
実際のところ、本体との距離が開くと起こりやすいという話はあったものの(内部構造的な問題で)
他の海外ゲームメディアでは問題無かったと書いているところも多くあり
機械に関しては良くある、初期不良の一種であるという冷静な見方もありました。


日本では、家屋が欧米程広くないことが多いことから
この不具合を報告しているユーザーは殆ど見られない状態です。
(そもそも、問題があればツイッター辺りでトレンド炎上していることでしょう)


任天堂も、海外メディアの指摘を把握しており
ジョイコン不具合については、正式に調査するというアナウンスもしました。


そのジョイコンの不具合について、任天堂が早速対処を行ったとのことで
今後、発売される個体については、そういった問題は起こらないように改良したとアナウンスしました。

Sponsored link



不具合が頻繁に起こるようであれば、任天堂に修理依頼が吉

というわけで、今回任天堂は海外のメディアに向けて発表を行ったようです。
海外のメディアが報じた内容を、日本で報じたのが以下の記事。

米任天堂、Switch左ジョイコン問題を認め修理対応に応じると発表 日本では「製造ミスは確認していないが、個別に対応」

 一部のNintendo Switchユーザーから、左ジョイコンに接続不良が起こると指摘されていた問題で、米任天堂が一部の左ジョイコンに製造上の問題があったことを認め、サポートセンターを通じて修理対応を行うとを発表しました。国内向けのアナウンスは現時点ではされていません。

 米任天堂はCNETなどの海外メディアに向けたリリースを通じて、Switchのジョイコンに設計上の欠陥はないものの、一部の個体において工場での製造誤差により無線接続に問題が生じたと説明。大規模な修理/交換対応の必要性は認められないとしつつも、初期不良品であると確認できたユーザーに対してはジョイコンの修理対応に応じるとコメントしています。ただし、Switch本体の周辺に電波を発信する機器が設置されている場合など、他の原因で接続不良が生じるケースもあるため、サポートセンターを通じて初期不良品であるかの確認を行う必要があります。

 このような対応が日本でも行われるのか任天堂の担当者に問い合わせたところ、現時点では米任天堂のリリースにあるような工場製造時のミスなどは確認しておらず、左ジョイコンの不具合についても特に告知予定はないとのこと。しかし、「Switchの左ジョイコンに限らず、不具合があればサポートに連絡してもらえれば、個別に対応させていただいています」と説明しました。


初期不良があったということでしたが、大問題になるほどのモノではなかったということですね。
少なくとも、日本では不具合を報告している人はかなり少なく、特に問題なくゲームプレイできている人が殆どです。
もちろん、私のスイッチもそんな不具合に見舞われたことはありません。
初期不良は、機械については宿命的なものでもあるので、仕方ない部分もあります。


日本での公式アナウンスがされていませんが、個別対応はあるとのことですので
ユーザーで左ジョイコンの挙動がおかしいという人がいれば、遠慮なく任天堂に送ってしまうのが吉だと思います。


今回の件で、任天堂が海外でひっそり修正みたいな論調で記事をあげている
ゲーム系迷惑サイトがあるようですが、任天堂は随分誠実な対応をしていると個人的には思います。
ユーザーから挙がった声を真摯に受け止め調査し、交換対応(日本では個別対応)するとアナウンスしているのですから
こういった商品への考え方…信頼を重視していることがよく伝わってくると思います。


ちなみに、どことは言いませんが、過去自社携帯ゲーム機のボタンが構造上の欠陥から
ボタンが凹んで戻らなくなってしまう現象が多発…といった欠陥を抱えたゲーム機がありましたが
そのゲーム機を販売した会社の責任者は「著名建築家が書いた図面に対して門の位置がおかしいと難癖つける人はいない」…と不快感を表したところもありました。
他社がアレだから…というのは、言い訳かもしれませんが、それに比べればずっと誠実な対応だと思います。


にほんブログ村 ゲームブログ 任天堂へ
にほんブログ村


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ