Sponsored Link

【応募】デアゴスティーニが週刊○○のネタを公募へ!【してみる?】

週刊ハリーポッターですとか、週刊ロビですとか
様々な題材を、週刊雑誌にして連続で刊行するのが特徴の出版社
デアゴスティーニですが、この度週刊刊行物の題材を、初めて一般公募することを告知しています。


個人的には、こんなニッチな題材の週刊刊行物を最後まで本当に出しているのか?
と、いつも不思議にみている出版社なのですが、この企画は割と本気なようです。

 
※ロボットを作ってみたり、城をこよなく愛してみたり…とにかくニッチなデアゴスティーニの刊行雑誌の一例。

Sponsored link



題材採用者には賞金も!

デアゴスティーニが行っている、題材公募の詳細を
掲載しているWebページは、下記リンク先です。


週刊「○○」 アイデアマン大募集!


大体の人は思っていたことのような気がしますが
やはり、ネタを出すのが大変になったという理由で
公募をすることになったようです。そりゃそうですね。(笑)


ただ、公募するからにはかなり本気で公募を行うようで
良いアイデアについては、本気で商品化を目指すという告知がされています。
108文字以内に題材のコンセプトをまとめた文章を提出してもらい、審査をするようです。


提出した題材が採用された場合、その発案者については
賞金を100万円用意するとも書かれています。


108文字以内でまとめた文章で、自分のアイデアが商品化され
あまつさえ、賞金が貰える可能性もあるということで、面白いアイデアがある人は
試しに応募してみるのも一興ではないでしょうか。


1人何件でも応募できるということで、正式な応募フォームは
こちらのページに置かれています。
割と簡易なフォームですから、気軽に応募が出来そうですね。


ちなみに、アイデアが採用された場合の賞金ですが
アイデア採用者が複数人居た場合は、その採用人数で100万を割った賞金が用意されるようです。


受賞したあかつきには、商品開発にも実際携われるということだそうですので
自分の企画力・発想力・提案力を試したいという方にもうってつけの企画かもしれませんね。
採用されなくても、別にリスクは無さそうですから、面白いアイデアがあればガンガン応募してみるのも一興かと思います。


締め切りは、今年の7月20日まで。
8月には受賞者が発表されるということで実際に公募で商品化される題材については
私もどんな内容のものが商品化されるのか、興味があるところであります。
というか、私も何か一つ応募してみようかな…採用される訳がありませんがw


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ