Sponsored Link

【身近な】東京駅のロッカーから女性の遺体が発見される!【恐怖】

日本最大級の駅である、東京駅構内にあるロッカーから
女性の遺体が入ったスーツケースが発見されたという
ショッキングなニュースが飛び込んできました。

coin

発見されたのは、東京駅南口改札付近にあるロッカーで
無施錠でコインロッカーに放置されていた、スーツケースを保管会社が預かり
規定の1ヶ月以上の預りになったため、中を確認したところ女性とみられる遺体を発見したとのことです。

Sponsored link



スーツケースの大きさは縦約70センチ、横約50センチ、幅約25センチ

今回、女性の遺体が出てきたスーツケースの大きさは
縦約70センチ、横約50センチ、幅約25センチとのことで
容量が大きめなサイズのスーツケースです。

東京駅コインロッカーから女性遺体 1カ月ほど保管庫に

 31日午前9時ごろ、東京都千代田区の東京駅内のコインロッカーの管理会社から、「ロッカーに入っていたスーツケースの中に人のようなものが見える」と近くの交番に届け出があった。警視庁によると、入っていたのは女性の遺体で、警視庁は死体遺棄事件として捜査を始めた。

 丸の内署の発表では、スーツケースは縦約70センチ、横約50センチ、幅約25センチ。1カ月ほど前に、南口改札付近のコインロッカーに無施錠で入っていたため、管理会社の職員が駅構内にある一時保管庫に移していた。1カ月経ったため、31日に職員がスーツケースを開け、中を見て届けたという。


size
※スーツケースのサイズと大きさの目安。今回の事件では、大体LMサイズが一番近いか。

それにしても、単純な死体遺棄としてはあまりにも雑過ぎると言いますか…。
保管庫に一ヶ月間保管されることを目的に、暫くは見つからないだろうと踏んで
このような大胆な行動に及んだのでしょうか。犯人の行動に疑問が残ります。


コインロッカーで、ましてや東京駅のコインロッカーとあれば
何か防犯カメラなどを近くに設置している可能性もありそうですが…。
果たして、今回の件で犯人は見つかるのでしょうか?


コインロッカーなどは別に東京駅に限らず、どこでも大きな交通の要所などであれば
大体どこでも設置されているものであり、他の場所でも何かこういったことが
密かに起きている可能性があるのかもしれないと思うと、色々と恐ろしさを感じる事件になっています。


その昔、コインロッカーに赤ちゃんが放置されたり、最悪の場合には遺体があったとか
コインロッカーベイビーという現象がありましたが、成人女性(?)と思われる
遺体遺棄と言うのは前代未聞ではないでしょうか…。
今後、コインロッカーを使うことが何となくためらわれる嫌な事件となっています。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ