Sponsored Link

【発想の転換】鉄の門に頭を挟まれて抜けなくなってしまった男の子の意外な救助法!

日常生活において、何かに挟まってしまったりして
抜けなくなってしまって、焦ってしまうということは
存外あることだと思います。


身近な例で言えば、指輪とか溝とか。
間にすっっぽりとハマってしまって
自分でもどうすることもできない。


焦れば焦るほど、嘲笑うかのように状況が悪化していくという
心臓にもあまりよろしくない状況ですが、今回はそんな時は
冷静になって考えてみようというのを教えてくれる動画の紹介です。

Sponsored link



押してダメなら…

というわけで、動画は海外の動画。
鉄の門をくぐり抜けようとしたところ
頭がハマってしまい動けなくなってしまった少年です。

tobira


さて、貴方がこんな場面にもし遭遇したらどうしますか?
なんとか少年に負担をかけないようにしつつ
少年を助けだすという行動が頭に浮かんだかもしれません。


しかし、鉄の扉は予想以上に少年の頭にフィットしており
引っ張っても持ち上げても上手く抜けません。
鉄の扉ですから、どのように助け出せばいいのか…途方にくれるかもしれませんね。


しかし、とある男性は発想の転換でこの少年を容易く救いだしてしまいました。
見れば分かるとても簡単な方法ですが、一体どのような手を使ったのでしょうか?
気になる救出方法は↓の動画で。



この発想はなかった!


あまりにも簡単に抜けるので、思わず拍子抜けですね。


動画が見れない人に解説しておくと、背中側から引っ張るのではなく
身体を横向きにして、鉄の門をそのままくぐり抜けさせれば良かったという話です。


つまり、この鉄の門にハマったシチュエーションを考えてみれば良かったということですね。
抜けられなくなると焦って人間は戻ろうとしますが、ここでは臆すること無く
身体を鉄の門の間に収まるように潜り抜ければ良かったということだったんですね。


種明かしをしてみれば、何とも簡単なあっけない動画なのですが
意外に気づかない人も多い解決法だと思うので紹介してみました。
押してダメなら引いてみろ…と言うのは至極名言でありますね。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ