Sponsored Link

【何故】ローソンの冷凍ピラフにある異物が混入で回収へ!【混入した】

毎日、工場で作られている食品には、何かしらの異物混入というリスクがつきまといます。
幾ら気をつけていても、異物混入は0にすることは不可能かと思いますので、経営者も戦々恐々でしょう。


昨年のペヤング騒動は記憶に新しいですし、再発売の話も、当ブログでしています。
ペヤング以外でも、様々な食品やファミレスなどで異物が入っていたという話は
定期的に報道されていますし、こう言ってはなんですが、さして珍しい話でもありません。


今回、コンビニ大手のローソンで異物混入のため
冷凍ピラフが回収されるという事件が報道されています。


また異物混入かと、最初はニュースを聞き流していましたが
その異物が、通常の異物混入とは違った、ちょっと特異な
響きを持っていたので、思わず記事にしてしまいました←

Sponsored link



冷凍ピラフに「壁」が混入!

というわけで、今回ローソンが販売する冷凍ピラフに
混入していた異物は「壁」だそうです。


壁!?


いったいどういうことなのか、報道されている記事を引用します。

ローソン 冷凍ピラフに「壁」混入で回収へ

コンビニ大手の「ローソン」は冷凍食品のピラフに製造工場の壁の一部が混入したとして、6万5000個余りを自主回収すると発表しました。問い合わせの電話番号は0120-07-3963で、月曜から土曜の午前9時から午後5時45分まで受け付けています。
ローソンが自主回収するのは、冷凍食品の「ローソンセレクト海老ピラフ」のうち、賞味期限が来年5月13日となっている商品です。
会社によりますと、今月2日にピラフを食べた客から「石のようなものが入っていた」と申し出があったということです。異物は縦・横5ミリほどのモルタル片で、香川県の製造工場を確認したところ、壁を清掃した際に表面が剥がれた部分があり、これが製造ラインに混入したとみられることから、会社では同じ日に作られた6万5640個を自主回収することにしました。
ローソンは「お客さまにご迷惑とご心配をおかけしておわび申し上げます」と話しています。


なるほど。工場内の清掃中に壁が剥がれ落ちて
製造ラインに紛れてしまったと…。


ようは、ヒューマンエラーということになるのでしょうが
それにしても「壁」が混入したという表現は、とてもシュールですね。
モルタル片と、普通に報道しても良かったような気が…。


壁混入という表記で思い出しましたが、最近プレイしていた3DSの
アトラスのゲーム「新・世界樹の迷宮2」で食材として
崩れた壁材だったか、そんな食材があったのを思い出しました。
うん。全く関係ない話ですね←


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ