Sponsored Link

【恒例】台風で福島第一原発の汚染された雨水が太平洋へ流出!【モラル崩壊】

現在、日本列島に台風11号が上陸し、主に大雨の猛威を奮っていますが
この台風の影響による、福島第一原発の排水路から放射性物質を含んだ
雨水が漏れだしていたことが、東電の発表で分かりました。

台風11号 大雨で排水路から汚染雨水流出 福島第1原発

 東京電力は16日、大雨の影響で、福島第1原発の「K排水路」と呼ばれる排水路から放射性物質を含む雨水が外洋(港湾外)へ流出したと発表した。流出量は分かっていない。

 東電によると、午前8時25分ごろ、巡回中の作業員がK排水路から、海側にあるせきを越えて雨水が外洋に流出しているのを見つけた。K排水路はほかの排水路に比べて放射性物質の濃度が高く、14日の採水では、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質の濃度は1リットル当たり39ベクレル(法定基準30ベクレル)だった。

 東電は4月から、ポンプを使ってK排水路の汚染雨水を別の排水路に移送している。福島第1原発構内では16日午前3~10時までに50ミリ以上の降雨があり、降水量がポンプの排水能力を超えたとみられる。


こんな重要な事を、しれっと発表する東電はもはや
モラルの欠片もない企業ということで間違いないでしょう。
またも、太平洋が放射性物質で汚染されるわけで、ますます
太平洋側の水産物を食べることにリスクが増えたと言えます。

Sponsored link



ドサクサ紛れで汚染水を放出?

台風による、汚染水の放出は今回が初めてというわけではなく
過去、何度か台風による影響という名目で汚染水流出を公表しています。


もはや、台風による恒例行事というような捉え方も出来るぐらいで
東電としても、ドサクサに紛れて汚染水が捨てられると思っているのではないか?
と、邪推してしまうほどの状況です。


核燃料を冷やすための水は、今も原子炉の中に注入され続け
こちらの記事によると、毎日300トンもの汚染水が未だに
増え続けている状況とのこと。


増え続ける汚染水については、ALPSなどの機械で処理も期待されましたが
結局、こちらの機械も上手く作動せず、結局汚染水は処理できないままです。


福島第一原発については、状況は改善どころか悪化の一途をたどっています。
詳しくは、以下のまとめを閲覧してみてください。


衝撃! 福島原発第一の怖い現状!

福島原発の汚染水問題が深刻すぎた!専門家が警告!魚の汚染も酷い

福島原発の最新状況(情報の更新頻度が高いです。オススメ)


東日本大震災から、既に4年半ほど経過していますが
未だにこういったことが起こっているようでは
今後も、福島第一原発の収束には希望が持てないですね。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ