Sponsored Link

【遂に来た!】スプラトゥーン新ステージ・マヒマヒリゾート&スパが本日追加!

発売から半年が経っても、まだまだ新規インクリングが
絶賛増殖中である、イカしたTPSであるスプラトゥーン。





そろそろ国内ミリオンも達成しそうなほどの
人気を博しているスプラトゥーンですが、先月放送があった
ニンテンドーダイレクトで公開された、もう一つの新ステージが
いよいよ本日のアップデートで遊べるようになります!

Sponsored link



冬に追加される常夏リゾート「マヒマヒリゾート&スパ」

世間では12月に入り、2015年も残りあと僅か。
寒さも日増しに強くなっていく中、スプラトゥーン内で追加されるのは
冬とは真逆の常夏リゾート「マヒマヒリゾート&スパ」です。




浸透圧によって、水に浸かると体内のインクが流れだしてしまう
インクリングにとっては地獄のようなステージかもしれませんが…w


クラゲのほうは泳げるということで、文字通りクラゲにとっては
常夏の快適なリゾートということになるのでしょうね。うーむ。深い。←


試合開始から1分半経った時に、ステージの足場が増えるという
時間経過によるギミックがあるということで、これは終了一分前に
水門が閉まるモンガラキャンプ場以来の、時限式ステージギミックとなるでしょうか。
こちらは、ナワバリバトル、ガチマッチいずれでもギミックがあるとのこと。


最初の足場がおぼつかなく、水没死の危険が非常に多そうなステージなので
バリア持ちは叩き落とされることがないようにしたいステージですね。
あとは、ポイズン食らったら足場から足場に移れるのか?とか
なかなか、戦略性が高そうなステージでもあります。


マヒマヒリゾート&スパは本日11時に解禁予定!
またしても、大量のインクリングでサーバーが
繋がりにくいということもあるかもしれませんね。
もっとも、今はモンハンクロスもあるので分散しているとも思いますが。

Sagakeenも1日よりスタート!佐賀県側からの打診だった!

ここからはゲームとは別の話になりますが、12月1日より
佐賀県の呼子で、スプラトゥーンとのコラボ企画
「Sagakeen」が開催されています。


ネット上のサブカルニュースサイト、GIGAZINEでは
既にスプラ丸に乗った感想や動画が挙げられており
個人的にも佐賀県に行ってみたくなる企画となっています。


スプラトゥーンと佐賀県のコラボイベント「Sagakeen(サガケーン)」開幕、イカの限定グッズ物販ブース「呼子のイカす広場」に行ってみた

スプラトゥーンのインクびちゃびちゃラッピング遊覧船「スプラ丸」に乗って洞窟探検に行ってみた

スプラトゥーンのイカが白く光り輝いてクリスマスツリーの頂点を照らす「イカすクリスマスツリー」
(※上記リンクはいずれもGIGAZINEの記事)


そして、佐賀県の地方新聞である佐賀新聞でも
Sagakeenの企画が盛況であると取り上げられています。

佐賀・呼子×「スプラトゥーン」イカすフェス大盛況

☆公式ショップに長蛇の列☆

 国内外で240万本を販売したイカが主人公の人気ゲーム「スプラトゥーン」と、呼子名物・イカのコラボ企画「Sagakeen(サガケーン)呼子のイカすフェス」が1日、唐津市呼子町を中心に始まった。朝市通りには公式ショップがオープンし、七ツ釜へ向かう観光遊覧船や、冬の朝市恒例「イカすクリスマスツリー」もスプラトゥーン仕様に様変わり。多くのゲームファンが訪れている。

 ゲームを制作した任天堂に佐賀県が連携を呼び掛けた。公式ショップでは、イベントのコラボTシャツやイカをかたどった唐津焼の箸置き、イカ刺しの塩辛など限定グッズを販売。初日は午前9時の開店を前に約50人が行列を作った。

 一番乗りは午前3時半に着いた福岡県新宮町の大学生・藤井秀幸さん(22)。前日の終電に乗って唐津駅に着き、月明かりを頼りに約3時間かけて呼子まで歩いたという。「友達に勧められてゲームにはまった。デザインがかわいい箸置きが欲しかった」と話していた。

 スプラトゥーンは4人対4人の2チームに分かれ、インクを塗った面積の広さを競う「Wii U(ウィー・ユー)」のシューティングゲーム。佐賀県のゲームとのコラボ企画は昨年の「ロマンシング佐賀」に続き2回目となる。県内に先駆けて、11月には東京タワーでも期間限定ショップをオープンし、7日間で約1万4000人が来場した。

 コラボは来年1月31日まで。県危機管理・広報課は「ゲームファンはネットを使った情報発信力がすごいし、消費行動も積極的。県の事業としてコンテンツを作り上げ、継続していけたら」と話している。


佐賀県という一地方ながら、なかなかの集客効果を挙げているようです。
元々ゲームファン≒オタクではありますので、オタクは自分の趣味には非常に金払いが良いのです。
なので、人気のソフトとのコラボと言うのは佐賀県の広報課が言うように、かなりの集客を期待できるのですね。
来月の31日までということですが、年末年始もありますからなかなかの経済効果が期待できるのではないでしょうか。


それにしても、東京タワーで期間限定とはいえオープンしていたコラボショップに
1万4千人訪れたというのはびっくりですね。スプラトゥーン人気がここでも窺い知れます。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ