Sponsored Link

【また】イロモノポテトチップスがまたも登場!今度はあのスイーツ!【湖池屋か!】

今までこのブログでは、イロモノポテトチップスということで
みかん味のポテトチップスを実際にレビューしたり
つい先日も、コーラ味のポテトチップスが出ることを記事にしました。


昔は味のバリエーションも少なかったと記憶している
ポテトチップスですが、最近は主流のカルビーをはじめ
色々な味を消費者に飽きさせないようにリリースを続けているようです。


日本でポテトチップスと言えばおそらく、カルビーの次に有名な湖池屋が
前に出していたバナナ・もも・みかんに引き続いて、またもイロモノ系ポテトチップスを
リリースする予定であるというニュースが入ってきました。


今までの果物関係の味も、十分に消費者の意表をついたものでしたが
今回出るのは、なんととある人気スイーツをポテトチップスにしてしまったのだとか!?
一体、何味がリリースされるというのでしょうか?

Sponsored link



まさかの「苺のショートケーキ味」!

あれこれいうより、実際のニュースを早速引用します。

苺のショートケーキ味のポテチ、湖池屋「ケーキに代わる存在」と豪語。

湖池屋は12月14日から、国産とちおとめ苺を使用した「ポテトチップス 苺のショートケーキ味」をコンビニ先行で、21日から全国のスーパーマーケットなどで発売する。価格はオープン(実勢価格130円前後/税別)。

クリスマスをはじめ、年末年始は“ケーキ”に対する注目度が上昇する時期。街角や店頭ではクリスマス“ケーキ”に賑わい、一方で職場やメディア上では“景気”動向の話題も尽きないが、そうした年末年始の“ケーキ”に対する消費者意識の高まりに対応するべく、湖池屋はプロジェクトチームを立ち上げて“ケーキ対策”を企画・立案。このたび「ポテトチップス」で苺のショートケーキの味わいを再現するという企画に挑戦した。

そうして完成した「ポテトチップス 苺のショートケーキ味」は、同社いわく「ショートケーキに代わる存在」。そして「クリスマスにも、パーティーにも、家族の団らんにも、年末年始の様々なシーンで活躍する“ケーキ”の味わいを再現したポテトチップスで、経済を活性化する“ポテノミクス”を展開し、日本の“景気”を刺激します」と意気込んでいる。

また、「ショートケーキに代わる存在」であることから、12月8日より300ケース限定(1ケースは60g×12袋)で、クリスマスの予約受付を同社オンラインショップでスタート。1つの届け先につき、湖池屋からのクリスマスカードが1枚封入される。価格は1,980円(税込み・送料込み)。


ichigo

これは想像の斜め上すぎる(゜o゜)

そしてなんだろう。このニュースリリースは…。

>そうして完成した「ポテトチップス 苺のショートケーキ味」は、同社いわく「ショートケーキに代わる存在」。そして「クリスマスにも、パーティーにも、家族の団らんにも、年末年始の様々なシーンで活躍する“ケーキ”の味わいを再現したポテトチップスで、経済を活性化する“ポテノミクス”を展開し、日本の“景気”を刺激します」と意気込んでいる。



プ●ジェクトXみたいにいうなよwwww


そういえば、12月はクリスマスケーキ需要により、日本で年間で
いちばんいちごが消費される月だったということを、前のブログで書いた記憶がありますな。


というわけで、湖池屋が出すイロモノポテトチップスである「苺のショートケーキ味」
ポテトチップスとケーキの融合が、どんな化学反応を起こすかが見ものですが
開発によれば、記事にもある通り自信のある一品とのこと。


期間限定販売のチャレンジ精神に溢れる一品ですが、おそらく定番化することはないでしょう(汗)
体験してみたい方は、この機会を逃さないようにしたいですね。


私は見かけたら購入してレビューしたいと思います←
パンがなければケーキを食べればいいじゃないを地で行くような賞品でないことを期待します(謎)


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ