Sponsored Link

【イカな計らい!】9年の連載を終えたイカ娘に任天堂が労いのイラストを寄せる!【ちょっと感動】

今日発売の週刊少年チャンピオンで、9年という
長期連載の最終回を迎えた、安部真弘による漫画である「侵略!イカ娘」





二度アニメ化もされ、一回のページ数は短めながらも
週刊少年チャンピオンの看板漫画としての地位を確立してきた
イカ娘は、当ブログで定期的に紹介するスプラトゥーンとコラボもしました。


【予想は】スプラトゥーンとイカ娘のコラボで、イカ娘コスチュームが8月に配信へ!【ついてた】


イカを主人公にしたスプラトゥーンが、2014年のE3で初めて紹介されるやいなや
いち早く反応を示したのが、イカ娘の作者・安部真弘。




実際に安部真弘は、なかなかのゲーマーで
ガチマッチの腕前が、カンストしたという話題も
これまた、当ブログで当時取り上げました。


【これガチだ】イカ娘の作者・安部真弘がスプラトゥーンのウデマエがカンストに!


まさにWin-Winと言った関係のスプラトゥーンと侵略!イカ娘でしたが
その最終回にあたって、任天堂がイカな(粋な)計らいをしています!

Sponsored link



二人(?)のイカしたコラボに安部真弘も感極まる!

任天堂のイカ研究所より投稿されたのは、イカ研究所の発言としてではなく
週刊少年チャンピオンのツイッター広報に、返信される形で
投稿された、イカのイラストになります。




任天堂のサプライズ的な粋な計らいに、思わず安部真弘も感極まったツイートを残しています。




なんていうか…いいですね。こういうの。(ガラでもない)イラストもカワイイ…
きっちりと、任天堂も義理を果たしているというか…。
こんな労いの言葉をもらったら、誰でも嬉しいものですよね。
ちょっとグッと来てしまいました。


自分が好きな任天堂というメーカーは、こういったコンテンツを大事にする姿勢にあると
改めて感じさせてくれるような出来事で、ますます任天堂を応援したくなりました。
侵略!イカ娘は殆ど読んでは居なかったのですが、そのうち機会があったら単行本を集めてみたいですね。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ