Sponsored Link

【誰得】梵字が印字されたガムテープ【怖!】

世の中には、一体どういう意図を持って製造したのか
よくわからない商品というのが一定数存在します。


製造側は、特に何か目的があって作った訳ではないのかもしれませんが
消費者側からすれば、その存在意義を思わず深読みしてしまう…そんな商品が。


今回紹介する商品は、通常の梱包用のガムテープ…
の、はずなのですが、何故かテープに梵字
印字されているという、何だか意味深な商品となっています。

Sponsored link



そもそも梵字とは

そもそも梵字とは一体どんな文字なのでしょうか?
以下に簡略化した説明文を引用します。

梵字とは

【簡略化した説明】
梵字の源流は、ブラーフミ文字と呼ばれる古代インドで発祥した文字で、その後、サンスクリット語を表記するために造られた文字になり、様々な変遷を経て、仏教の文字観と結びつき、平安時代、特に空海、最澄が伝来させた仏教(密教)の伝来とともに、悉曇文字として日本に伝わりました。

その梵字(種字)一文字で神仏を表し、お守りとして身に着けることで、悪しき人間は良き方向へ、よき人間は、より良き方向へ導き、持つものに様々な功徳を与え、災難から救ってくださるという神聖なパワーを持っているといわれています。


なお、上記ページでは詳細説明版もありますので興味がある人はリンク先でどうぞ。
悉曇は「しったん」と読み、日本語でも仏教などで使われたりデザインとして使われる事が
あるので、ことさら意識はしていないけれど文化としては日本人は深く触れているのですね。


で、文字としては以下の画像です。


bonji1

bonji2

bonji3

bonji4

bonji5

画像はWikiのページをスクリーンショットで撮ったもの。


形は見たことがありますが、当然読み方はわかりませんでした。
見ていると、何か不思議な感覚を覚える文字ですね…。

気分は耳なし芳一!?

問題のガムテープはげんれい工房という同人サークル
趣味のような形で作って、ネット通販で販売しています。
梵字与美封印テープという、なかなか大層な名前のついた商品です。


この梵字が印刷されたガムテープの商品写真は以下のようなものです。
ひとつ500円となかなか値段が張ります。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA




何か知らないが不穏な空気を感じる…(–)


しかし、この印刷されている梵字については
実は、煩悩滅却の意味が込められているようです。

使い道に困るよ!ガムテープに梵字がガッツリ描かれた「梵字テープ」で煩悩を滅ぼそう

今回紹介するのは梵字がガッツリとガムテープに描かれた「梵字与美封印テープ(ぼんじょびふういんテープ)」。

呪われてる感がハンパないwww

梵字与美封印テープに書かれているのは「不動明王慈救呪(じくのしゅ)」で煩悩滅却の効果があるとされているそうです。わたしは煩悩の塊だ!という人にとっては抑制のために煩悩の元になっているものをこのテープで封印してみてはいかが?

封印テープは幅5cm×長さ50Mのガムテープ。気軽に使えるマスキングテープではないところも面白いですね。重ね貼り可能でマジックで文字書きも可能とのことなので梱包テープとしての性能は申し分ありません。

引っ越しダンボールに使ってしまうと引っ越しスタッフになんとなく変な目で見られそうなので要注意。
梵字与美封印テープはげんれい工房にて販売中です。ちなみに「宗教的・呪術的効能は全くありません」とのことです。


上記ガジェット通信にて、公開されている実際に使って
荷物を梱包した場合のイメージ画像が↓


bonjitapekonpou


怖っ!!(゜o゜;


特に呪術的な効能などはないそうですが(当たり前w)
何だか、やばい香りが漂ってくる外見ですねw


引っ越しの時に梱包で使ってみたり、オークションの商品発送時に
使ってみたりすると、ちょっとした反応が返ってくるかもしれませんね。
ただ、オークションで悪い評価をつけられても当方では責任を持ちませんのであしからずw


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ