Sponsored Link

【作業用動画】最近の作業用動画【4】

デジかも管理人が、ブログを書くときにバックで流している
作業用動画を紹介する、誰得企画の4回目でございます。


相も変わらず反響がありません。(3回目参照

しかしいいんです(某川平風に)
所詮は自己満足であり、自分の備忘録的な記事なのですから…。
でも、ちょっとさびしい…(ウザい)


気を取り直して、第4回目の楽曲を紹介しましょう。
もちろん、ゲーム音楽ですよ!
今回は10ヶ月ぶりほどですねぇ…。

Sponsored link



RPGツクール2 BGM全曲集

というわけで、今回紹介する動画は、SFCの割と後期1996年に今は亡きアスキーから発売された
コンストラクションソフトである、RPGツクール2のサンプル音楽集を全収録した動画です!




元々○○ツクールという、コンストラクション系ソフトは、遊ぶ人が割と限定されるソフトです。
自分で作ってみるとわかりますが、ゲームバランスのとり方やフラグイベントの設置。
マップ・文章の作成がこの上なく面倒くさい。とにかく、最初は完成させること自体が
一つの目標になることは間違いありません。


かくいう管理人も、この手のソフトを最後まで作り上げたことは無く
いつも中途半端で終わります。要は飽きっぽく根気が無いのです(笑)


しかし、このRPGツクールはおそらくもっとも売れたツクールシリーズなのではないかと思います。
SFC自体が、当時の主流ハードでしたし、同じくアスキーから発売されていた音楽ツクールかなで~るから
自作した音楽ファイルをコンバートすること(8Mメモリーパックという周辺機器が必要ですが…)などもできました。


その結果、最も触れた人が多いツクールシリーズの一つではないかなと思っています。
もっとも、最近3DSでRPGツクールフェスが発売されていたりもしましたけれど。





余談が多くなりましたが、この作品はパブリッシャーはアスキーですが
開発したディベロッパーは、空想科学株式会社というところです。
空想科学株式会社は、ツクールのCS版(元々はPCソフトとして展開していた)の
初期~中期の作品を手がけており、割と評価が高いツクールシリーズを手がけています。


今回紹介している動画は、そのRPGツクール2で、デフォルトで入っているサンプル音楽・全30曲。
作曲者は、磯田重晴という方。この空想科学のツクールシリーズで音楽を幾つかの作品で
手がけていたようですが、ゲーム音楽作曲家としてマイナーな部類でしょう。


このサンプル音楽は、タイトルは無く1~30までの曲番がつけられているだけで
どの楽曲を、どの場面で使うかは、プレイヤーの感性に任されているのです。
(後のシリーズでは例えば、ダンジョン1とかそんなふうに曲名がつけられています)


RPGでは必ずある街や城、イベントや戦闘などの雰囲気が醸し出されている音楽が多数ありますが
戦闘でギャグ調の音楽を使ってみるなど、定義されていない分、自由に音楽を使うことが出来ます。


音楽は、非常に凝った作りの曲が多く、曲の前半と後半で全然イメージが違う曲(やや使いにくい)が多数あったり
一周ループが非常に長い曲があったりと、実に多彩な音楽が収録されています。


5番の楽曲や7番の楽曲など、プレイヤーの間では有名な楽曲がいくつもあり
知る人ぞ知るゲーム音楽作品となっています。ツクールシリーズの音楽って
かなりいい曲が多く収録されていることが多いんですよね…。


もちろん、ゲームをやったことがなくてもオススメの音楽になっています。
とにかく、展開が凄まじい曲も幾つかありますので、是非是非、管理人と同じように
作業用で使ってみて、多彩な味付けがされている音楽を味わってみてください。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ