Sponsored Link

【意味深】任天堂のゼルダの伝説公式アカウントに、初代をイメージしたイラストが投稿される!

2017年も始まりましたが、年始の挨拶を行うのは何も一般人だけではありません。
数多ある一般企業も、自社のサイトやSNSなどを用いて、消費者に新年の挨拶を行っています。


今回、私が好きな企業の任天堂の、数あるIPの中の一つであるゼルダの伝説。





去年で、初代の発売から30周年を迎え、今年はWii Uとニンテンドースイッチで
最新作である、ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドも発売される予定のゼルダシリーズ。


オープンワールドの世界を、リンクがひたすら冒険することが確定している
最新作のブレスオブザワイルドは、世界中で注目を集めており
今年、任天堂が発売するタイトルの中で、最も注目の作品の一つであるといえます。


そのゼルダの伝説の公式のアカウントが、2017年の新年のつぶやきとして
投稿されたイラストが、実は初代ゼルダのイラストの構図と全く同じイラストになっていることが判明しました。

Sponsored link



デスマウンテンに昇る朝日を見つめるリンクの後ろ姿

その気になるツイートと、元のイラストが下のツイートです。(元のイラストは一般垢)






ゼルダの伝説といえば、やっぱりデスマウンテン。シリーズおなじみの山です。
そこに昇る朝日をじっと見つめるリンクの後ろ姿…間違いなく構図は意図的なものでしょう。


今回のブレスオブザワイルドは、オープンワールドで広大なマップを
自由自在に歩けるリンクですが、初代のゼルダの伝説も、ある意味オープンワールドなんですよね。


突然、何も持たされていない状態で、広いマップに投げ出されるのが初代ゼルダ。
そこから、近くの建物に入って最初に剣をもらうというのが、ゼルダの初手になるわけですが
今回のブレスオブザワイルドも、最初の導入はそんな感じになっているのが興味深い。


確実に、1で作った文法を意識しているきらいがあり、ある意味原点回帰的な要素も
多分にあるのではないかと予測しています。このイラストはあくまでファンサービスなのか
それとも、初代につながる何かしらの暗喩なのか…実際にゲームが発売されないと
わからないところではありますが、昔からのファンとしてはまた楽しみな要素が出来たのではないでしょうか。


気づけばニンテンドースイッチのプレゼンが放送されるまで、二週間を切っています。
ニンテンドースイッチの情報公開と共に、この新作ゼルダも新たな発表があるかもしれません。
今から13日の発表が待ち遠しいですね!


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ