Sponsored Link

【多っ!】ファイナルファンタジーシリーズがギネス記録認定!その記録とは?

最新作であるシリーズ15作目が、昨年ようやく発売した
スクウェア・エニックスの大作RPGシリーズである「ファイナルファンタジー」





シリーズとしては、長らく日本のRPG作品の頂点の一つとして
君臨していましたが、最新作の評判がイマイチ芳しくないのは
このブログで何回か触れたとおりです。


しかし、シリーズとしてはちょうど30年前の1987年に発売されて
それ以降、人気を保ちながら様々な作品が発売されたシリーズであり
それは、今でも新たな作品が定期的に出ているIPとなります。


そのファイナルファンタジーシリーズが、30周年という節目の年に
一つのギネス記録…すなわち世界一の記録を樹立するにいたりました。
ファイナルファンタジーシリーズが得たギネス記録とは?

Sponsored link



シリーズタイトルのリリース数が世界最多に!その数なんと87タイトル!

ファイナルファンタジーシリーズがギネス記録認定された理由は
そのシリーズタイトルの多彩さにあります。今回発表された内容によれば
最も、シリーズタイトルがリリースされたゲーム作品として、関連タイトルが
87タイトルを数えたと、報じられています。
この中には、一部派生作品やリメイク作品がカウントされていますが
マルチプラットフォームの場合や、廉価版は一作とは数えていないそうです。

「ファイナルファンタジー」ギネス世界記録に認定 「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」

 スクウェア・エニックスは2月20日、同社のRPG「ファイナルファンタジー」シリーズが、「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」としてギネス世界記録に認定されたと発表した。

 認定記録は87タイトル。ナンバリング、派生作品やリメイク作品の一部を含み、移植や廉価版は含まない。複数のプラットフォームで展開した作品は1タイトルとしてカウントしているという。


87タイトルもあったのか…というのが正直なところですが
例えば、ファイナルファンタジークロニクルとか、シアトリズムファイナルファンタジーや
ワールドオブファイナルファンタジーなど入れていけば、それぐらいは行くのかもですね。



 


あと、個人的に気になるのはGBで発売された初代・聖剣伝説ですね。
あの作品は、ファイナルファンタジー外伝と銘打っていましたので(2作目以降は表記なし)





それにしても、シリーズ30年の間にこれだけのタイトルを出しているのは
すごいともいえますが、場合によっては粗製濫造と言われてもおかしくもないような…。
実際、一番重要であるマザーシップタイトルの15はひどい有様でしたし
次の目玉となるであろう、2015年のE3で発表した、FF7のリメイク版については
3部作に分かれるといいながらも、その第一弾の発売日すら見通しが立っていません。


既にストーリーは出来上がっているものをリメイクするだけなのに、初めての発表から
二年近くたっても、発売日のメドすら立っていないのは、あまりにもお粗末です。
あと、本編の16は果たして出るのか?ギネス記録樹立という話とは裏腹に
ファイナルファンタジーシリーズはどんどん迷走の度合いを深めているようにしか感じられません…。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ