Sponsored Link

【発想が】夜も安心!?仰天トイレがアメリカで開発される!【凄い】

世界の国々から見れば、日本のトイレがハイテクトイレと評されていることについては
海外反応のページなどを巡回している人には、有名な事実かと思います。


一番有名なのは、洗浄便座ウォッシュレット。
(ウォッシュレットはTOTOの温水洗浄便座に付けられた、れっきとした商品名です)

日本のTOTOが開発し、一般家庭に普及させたことで有名な、ガラパゴストイレ(アメリカでの医療用の洗浄便座を日本で改良した)ですが
今では、日本のハイテクトイレの一例(もっとも、他の様々な機能がですが)として、海外から奇異の目で見られているものです。
参照:日本のトイレは一体どうなってるんだ!? 海外の反応。


他にも排泄音をかき消すための音姫ですとか、個室に入ると自動的に
蓋が開いたり、腰を上げると自動的に洗浄したりと、トイレについては
並々ならぬ情熱を注いできたのが日本人です。


しかし、今回アメリカで開発されたとあるトイレは
そんなトイレ先進国(?)日本に於いても、恐らく
見ることは無かった、非常に幻想的な?トイレが開発されたのです。

Sponsored link



商品名は「Night Glow」

その商品を、「Night Glow」といいます。
直訳すれば、夜の白熱光とでもなりましょうか。
さて、幻想的なトイレとは一体どんなトイレでしょうか。写真を↓に貼ってみます。

glow

glow2

というわけで、うっすらと光る蓄光トイレがその正体でした!
電気などで光らせるのではなく、明るいうちに光を貯めこんで
暗い所で便座を光らせることが出来るトイレとのことです。


日本では、割と狭い空間にトイレがあるので、あまり需要はないかもしれませんが
海外では、トイレの空間が広い(バスルームと併設されるため)ことが多く、スイッチを探すことが
時として困難になることがあるため、開発者のDave Reynolds氏はそんな少し危険な夜のトイレを
安全な場所になるようにするために、このトイレを開発したとのことです。

発光時間はおよそ8時間!

昼の間に一定時間蓄光をすれば、Night Glowはおよそ8時間ほど
暗いトイレの中で光を発してくれるとのことです。


既に、世界中から注文が来ているそうで、その中には日本からのオーダーもあるのだとか。
このほのかな光は、夜のトイレをより安全にしてくれるだけでなく、目の弱い人や高齢者。
トイレを1人でするのは、まだなれない小さな子供などが安心して夜にトイレに入れる助けになるとのこと。


日本では生活空間事情から、発想自体がなかったと思われる
光るトイレですが、知らない人が初めて見る場合は
逆に怪現象のように見えてしまって、怖くなってしまう可能性もあるような気もしますね。(笑)


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ