Sponsored Link

【食うしか無い!】明日香食品からコーラわらび餅が発売決定へ!

日本の和菓子で、水と砂糖とデンプンで作られるお菓子に「わらび餅」があります。





伝統的なお菓子で、独特な食感と歯ざわりは、和菓子の中でも食べやすい部類に入ると思います。
ちなみに、原料としてワラビの地下茎から得られるデンプンのわらび粉から作られたので
わらび餅という名前が付いたとされています。


現代では、わらび粉で作ったわらび餅は殆ど無いと言われ(精製に非常に手間がかかる)
スーパーなどで販売されている透明なわらび餅は、純粋な意味でのわらび餅ではありません。
わらび粉100%でわらび餅を作った場合の色は、ねずみ色になるそうです。

見ためも味もワラビじゃないのに、なぜ 「わらび餅」?

わらび餅の原料は 「わらび粉」。精製するのに手間がかかる貴重品
わらび餅の原料は「わらび粉」です。わらび粉は、今が旬のあの山菜、ワラビの根から採れるデンプンです。この粉を使った菓子なので、「わらび餅」という名前がつけらました。
わらび粉の作り方はまず、ワラビの根(地下茎)を掘り起こし、叩いて、ほぐして、洗って、デンプンを取り出します。そして、これを乾燥させると、わらび粉になります。
この精製法は葛粉を作る過程と同じですが、わらび粉は葛粉に比べて非常に手間がかかります。すべて手作業でわらび粉を作る場合、10kgのワラビの根から取れるわらび粉は、わずか70g。根を掘り起こす作業は冬の寒い時期に行われ、しかも、寒さが厳しいときに、冷水で何度も洗わなければなりません。100%のわらび粉になるまでには、実に半月ほどもかかります。
現在、よく目にするわらび餅は、サツマイモやタピオカから取れたデンプンや、くず粉を利用しているものがほとんどで、「わらび粉100%のわらび餅」には、なかなかお目にかかることができません。

わらび粉100%のわらび餅はねずみ色。その歴史はとても古い
わらび粉100%で作ったわらび餅の色は、よく見かけるわらび餅のように、白っぽいものではありません。強いていえば、黒いコンニャクのような色あいで、ねずみ色です。けっして、“涼しげな夏の和菓子”という感じではありません。
平安時代の醍醐天皇(885-930)がわらび餅の大ファンであったという説もあり、わらび餅の歴史はかなり古いと思われます。しかし、江戸時代にはすでに、くず粉などを利用したわらび餅が売られており、今、名物とされているわらび餅も、ほとんどが、100%わらび粉のわらび餅ではありません。


透明なわらび餅しか見たことがない人が多そうですが、100%のわらび粉を使ったものも
一度は食べてみたいものですね。一体どんな味がするのでしょうか。


さて、いささか話が脱線しましたが、わらび餅は単体では味が薄いので
大体はきな粉や黒蜜といったものをかけて食べるのが定番です。
独特の食感は涼味ともなります。


今回、そのいささかバリエーションには乏しいわらび餅に
コーラ味が発売されるということで、個人的に大注目なのです!

Sponsored link



明日香食品が発売。過去にはラムネ、いちごやミルクティ味などの販売実績も

通常のわらび餅の概念からは外れた、コーラ味わらび餅を販売する会社は明日香食品という大阪にある食品会社。


わらび餅に限らず、和菓子を製造している食品会社となりますが
わらび餅については、特設ページが設置されているほどの力の入れようです。
このページでは、過去明日香食品が制作してきたラムネ味のわらび餅や、いちご・ミルクティ味のわらび餅の制作秘話も公開されています。


今までの変わり種のわらび餅は、消費者からの反響が非常に大きかったとのこと。
そこで、今回のコーラわらび餅の発売ということなのでしょう。
赤黒い、コーラの色をイメージしたわらび餅になっていて、東日本と西日本で形状も違うようです。

【激震】『コーラわらび餅』誕生へ → 問題作「ラムネわらび餅」のリベンジなるか?

2016年6月に発売された「ラムネわらび餅」をご記憶の方はいるだろうか? 菓子メーカー「明日香食品株式会社」が手掛けた、シュワシュワパウダー付きの斬新すぎるわらび餅のことである。

肝心のお味については「ウマいマズいじゃなくて脳が混乱する味」とお伝えしたが、2017年4月、ラムネわらび餅の後継機『コーラわらび餅』の発売が決定したのでお知らせしたい。コーラ……わらび餅だと? うむ、あんまり食べる気がしないね!!
・老舗和菓子メーカーが発表

大福や団子、季節の和菓子を手掛ける明日香食品株式会社。1975年の創業以来、「ちょっと食べる喜びを毎日世界へお届けすること」をテーマに掲げる老舗和菓子メーカーである。

そんな明日香食品株式会社が、ネット上で大きく話題を集めたのが、2016年に発表した「ラムネわらび餅」だ。パッケージを開封した瞬間から漂うラムネ臭……しかもシュワシュワパウダー付きという、わらび餅史に名を残す問題作であった。

その後もひっそりと「いちごわらび餅」「ミルクティわらび餅」などの “変化球系わらび餅”を展開していたが、この4月に発売開始となるのが『コーラわらび餅』である。

同社の発表によると、コーラわらび餅は以下のような商品だという。

「人気のわらび餅シリーズに “コーラわらび餅” が新登場。別添パウダーでお口の中にしゅわしゅわ炭酸が広がります」

──イヤな予感しかしねえ。つまり、完全な「ラムネわらび餅」の続編であり、問題作の再来ということになる……。

なお、東日本と西日本ではちがう形状のわらび餅が販売されるから、興味がある人はぜひチェックしてみよう。ラムネわらび餅と同じく、最初から「そういうもんだ」と思えばそれなりに美味しく食べられる……ハズだ。

※管理人注 太字は引用の引用になります。




出典:【激震】『コーラわらび餅』誕生へ → 問題作「ラムネわらび餅」のリベンジなるか?より


というわけで、わらび餅にコーラという謎取り合わせ。
更にシュワシュワパウダーが別添ということで、コーラ感を味わえる商品となっていそうです。


形状の違いは、東日本では小さなコロコロとした粒が多数入っているタイプで
西日本は大きなサイズの玉4つが入っているものとなっているようです。
両方のバージョンの食べ比べも乙なものかもしれません。


ラムネわらび餅は、それなりに話題になったようですが、個人的にスーパーなどの
売り場で見たことが無いので、今度から注目して探してみるとします。
コーラジャンキーのデジかも管理人を唸らせる商品であることを期待しますw


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ