Sponsored Link

【ピョン吉は】ど根性ガエルがなんと実写化!?主演は誰?【どうなる?】

今から40年以上前に、アニメ化されて
そのインパクトのある設定から、リアルタイム世代でなくても
知名度がある「ど根性ガエル」が、何と実写化されると発表されました!

中学生のひろしと、彼のTシャツに張り付いた
平面ガエル:ピョン吉とのドタバタ騒動を描いたギャグ漫画でしたが
一体どのように実写化されるというのでしょうか?


Sponsored link



原作は45年前に少年ジャンプで連載開始!

最近は、往年の漫画の名作などが実写化されることが多いようですが
今回のど根性ガエルもその一環だと言うのでしょうか。



原作は吉沢やすみ氏が週刊少年ジャンプ(ジャンプだとは知りませんでした!)で
1970年より連載開始されたもので、1972年にアニメ化されています。
ど根性ガエルは全27巻で、1976年まで連載され、その後1981年から新ど根性ガエルが1年連載されています。

しかし、今回の実写化にあたっては、何と登場人物が16歳年をとった設定らしく
ひろしが30歳という設定の模様です。ファンとしては実写化のジンクスを予感する
不安がかなり残る作品になる可能性も…(^_^;)


そして、気になるひろしを演じるのは松山ケンイチだということです!
個人的にはデスノートのLの怪演を覚えていますが、一体どんなドラマになるでしょうか。

『ど根性ガエル』が松山ケンイチ主演で初実写化 16年後の未来描く

 国民的人気漫画『ど根性ガエル』が、7月期日本テレビ系土曜21時枠の連続ドラマとして初めて実写化されることが4日、明らかになった。主人公・ひろし役として俳優の松山ケンイチが『銭ゲバ』(2009)以来、6年ぶりに民放連ドラに主演。登場人物たちの16年後の未来というオリジナルストーリーと新設定、そして最新技術でリアルに動く“平面ガエル”のピョン吉が、2015年に蘇る。

今でも色々と斬新な設定だと思う、Tシャツに張り付いてしまったピョン吉ですが
実写化ということでは、当然CGが使われるということにはなりそうです。


声優は、当時の声優である千々松幸子氏(旧のび太のママでも有名)が
まだご存命(78歳!)だそうですから、もしかしたらピョン吉は千々松氏が演じる…ことがあるかも!?


色々と不安が残る部分はありますが、まずはどんな作品が出来てくるのかは
興味津々なファンも多いのではないでしょうか。
果たして、40年以上の時を越えて、ひろしのど根性は復活するのか見ものです。

原作者・吉沢やすみ氏の今

ど根性ガエルの原作者・吉沢やすみ氏(男性)ですが
ど根性ガエルの連載を6年半ほどしたあとはヒット作に恵まれず
漫画家としては活動は現在はしていないそうです。


一時期は、かなり生活が苦しかった事もあったそうですが
大人気ドラマであったフジ系ドラマ「ひとつ屋根の下」で、主役の江口洋介が
ピョン吉のTシャツを着たことで、人気が再燃し、キャクター版権収入等で食べていけるようになったということです。


ユニクロでピョン吉Tシャツが販売されたりもしていて
Tシャツに張り付いた平面ガエルというキャラのインパクトの強さを思い知らせてくれます。
そこら辺の経緯は、下の記事にインタビュー等があります。


「ど根性ガエル」吉沢やすみさん 今は「遊び人とみられて…」


現在は山梨県観光大使なども務めているそうで、今後の生活は安泰かと思われます。
今回の実写ドラマ化で、また平面ガエルを初めて知る新たな世代が生まれるのでしょうね。
ど根性ガエルが忘れられる事は、これからも無いのでしょう。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ