Sponsored Link

【大不況】生活が苦しいと感じている世帯が62.4%に!

個人的には、アベノミクスは失敗であったという認識なのですが
それをまた、裏付けると思われる調査内容が明らかにされています。

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

厚生労働省が行った国民生活基礎調査に於いて現在の生活について訊ねた質問について
生活が大変苦しい・やや苦しいと感じている世帯の割合が併せて62.4%になっていると報じられています。

生活が「苦しい」と感じている世帯62.4%、過去最多

 生活が「苦しい」と感じている世帯が全体の62.4%にのぼり、過去最多となったことがわかりました。

 厚生労働省は去年、およそ9000世帯を対象に所得と生活意識に関する調査を行いました。

 その結果、1世帯あたりの平均所得は528万9000円で前の年に比べ8万円あまり減りました。

 生活が苦しいと感じている世帯は前の年から2.5ポイント増え、62.4%にのぼりました。調査を始めた1986年以降で最も多くなっています。特に子どもがいる世帯は、67.4%が生活が苦しいと答えています。


割合としては、「大変苦しい」が29.7%。
「やや苦しい」が32.7%になっているとのこと。
4世帯に1世帯の割合で生活レベルが大変苦しいとなっているのです。


子供が居る世帯では67.4%が苦しいということですから
3世帯に2世帯がおよそ苦しいと感じているということです。


私は、景気に関して人々が感じる景気の感じ…すなわち景況感が大事だと考えています。
周りの人が不景気であると、何となく自分も消費を控えてしまうという傾向があると思うからです。


今回出た結果は、街に出れば大体合点が行く話だと思います。
消費税増税・円安といった原因から物価が上がり、額面でみれば
前と同じ金額で買えるものが減っています。


給料も据え置きか、上がったとしても、増税・円安からの
値上げに追いついていない現状であると捉えています。
となると、人々はますます財布の紐が硬くなり消費が落ち込みます。
それが、私以外の人も薄々感じている閉塞感につながっているのだと思います。

Sponsored link



長引く円安で、さらなる値上げラッシュが確定に!

日本は食料品や資源などを、輸入に多く頼っていますから
円安の影響は甚大なものになっています。


円安の期間が長くなっていることも有り、この7月に食品をはじめ
様々なものが、更に値上がりすることが決定しています。

パンやチョコなど食品値上げ相次ぐ

このうち、「山崎製パン」と「フジパン」、それに「敷島製パン」の3社は、1日から食パンや菓子パンを値上げします。値上げされる商品は3社で合わせて280品目余りに上り、値上げ幅はおよそ1%から7%になります。
また、食品メーカーの「日清フーズ」と「日本製粉」、それに「昭和産業」の3社は、小麦粉やパスタを1日からおよそ1%から8%値上げします。さらに「永谷園」は、お茶漬けやふりかけ、スープなど合わせて60品目をおよそ5%から10%値上げします。
このほかチョコレート系のお菓子では、「明治」が今月7日以降順次、24品目について、およそ10%から20%値上げしたり、価格を据え置いて量を減らしたりするほか、「ロッテ」と「森永製菓」が今月14日から合わせて18品目をおよそ5%から10%値上げします。
値上げの理由として、各社は円安や世界的な需要の増加で原材料価格の上昇が続いていることを挙げています。
さらに来月には、「カゴメ」や「ブルドックソース」など一部のメーカーが、25年ぶりにソースを最大で10%値上げするほか、衣料品チェーンの「ユニクロ」は、本格的に販売が始まる秋冬向けの商品の一部を平均でおよそ10%値上げする見通しで、今後も暮らしに身近な商品の値上げが続きそうです。


記事にはありませんが、味の素やコクヨが製造している4000点にのぼる
文房具なども値上げすることも決まっています。


もはや、企業努力でもどうしようもないところまで来ているというところですが
値上げになれば、もちろん消費者も以前より買う量が減りますから
企業側の利益も落ちることになります。


企業も儲けが減り、体力がない企業はそのまま潰れてしまうということも考えられます。
そこまでなってしまえば、後は負の連鎖。企業が無くなればそれだけ働ける場所が減り
そうなれば、また消費量も減るということになります。


最終的に、貧困に喘いだ人間の雇用先はどうなるでしょうか?
以下のリンク先の記事が、非常に重要な事を書いていますので
是非一読してみてください。


大貧困に突入!「生活苦しい」世帯は過去最高の62.4%


要は、職にあぶれて困った人の最終的な拾い先は軍隊になるということ。
現在の安保法案の話ですとか、集団的自衛権の話ですとか、あの辺りの騒ぎを見ていれば
何となく全てが一つにつながってくるように見えないでしょうか?
この心配が杞憂であったと嘲笑われるような未来であってほしいものです。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ