Sponsored Link

【狂気】2020年オリンピックで、選手の食事に福島産農産物を使用検討へ!

個人的には、開催すら危ういと思っている
2020年に東京で開かれる予定の東京オリンピックですが
とんでもない方針が遠藤五輪相から発表されています。


内部被曝が懸念される、福島県の食材を
オリンピック選手の食事に使用を検討するという方針を発表したのです。

東京五輪で本県食材 遠藤五輪相が導入意向

 遠藤利明五輪相は24日、都内の日本記者クラブで記者会見し、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村で使う食材に福島県産品を導入したいとの考えを明らかにした。東京電力福島第一原発事故からの復興を後押しする狙いがあるとみられる。東日本大震災の被災地での競技開催にもあらためて意欲を示した。

 遠藤氏は会見で「選手村で福島県の食材を使うということもある。さまざまな形で被災地との関係を強めていきたい」と語った。
 政府の大会推進本部事務局によると、選手村で使う食材は大会組織委員会が開幕前までに決定する。政府は原発事故からの復興支援と風評払拭(ふっしょく)のため福島県産食材の導入について検討を進め、大会組織委員会に働き掛けるとみられる


当ブログでもちょっと触れたことがありますが
福島県産どころか、その周辺の近県・関東圏の生産物を
規制している海外の国は多くあります(私の住む新潟県も含まれています…)

Sponsored link



日本での反応が異常で、世界は非常にシビアに原発事故を見ている

日本では、食べて応援などと言って、原発事故は何も影響が無いように
振る舞っていますけれど、海外が福島第1原発を見る目は非常にシビアです。
つい最近、台湾での輸入規制が大騒ぎになりましたよね。
(台湾も軟化して、福島産以外のものは輸入規制を緩和する方向で動いているようですが)


このような方針を打ち出したことによって、日本に来る国が激減する可能性もあります。
何せスポーツ選手はカロリーを消費しますから、とにかく食べますので。
日本では逆に異端視されますが、海外では自己責任論が普通なので
史上最悪の原発事故があった産地のモノなど食べたくないと拒否する国・選手がいてもおかしくありません。


もちろん、記事にもある通り今回の方針は、まだ確定事項ではなく
これから検討段階に入るとのことで、今後の動向が注目されます。


いずれにせよ、世界のかなりの国が輸入に規制をかけている
福島産食材を、風評払拭などの名目で普通に使おうとする神経は
個人的に、狂気の沙汰としか言いようがなく嘆息するばかりです。


ただでさえ、事故から4年以上経過しても全く解決の糸口すらつかめない福島第一原発事故。
東京オリンピックでは、新国立競技場の騒動でもてんやわんやで
もう、まともな開催は不可能だと個人的には思っています。


東京オリンピックは、過去にも戦争を理由に開催を返上したということがありますが
今回の東京オリンピックは、既に安倍首相のアンダー・コントロール発言がウソであったことが
明確になっているのですから、傷口を広げないうちに開催権を返上するべきだと個人的には思っています。


おまけ


内部被曝については、こちらのページの記述がかなり詳しいです。
福島第一原発事故前に書かれたものですが、かなりの説得力があります。
非常に長い文章ですが、興味があったら是非見てみてください。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ