Sponsored Link

【不気味】香川の小4の血液検査結果で、1割に異常が認められる!

ファミコン世代の私が子供の頃から、近頃の子供は…と言った括りで
外で遊ばないですとか、運動をしないと言ったことが世間一般に
言われるようになった気がします。


また、私よりちょっと後の世代では受験戦争に巻き込まれて
所謂ペットボトル症候群ですとか、子供の肥満などが
非常に騒がれていたような記憶があります。


昔の子供の状態を知らないので、なんとも言えないところではあるのですが
確かに、最近の子供は子供でも習い事が多数あったり、娯楽も多数あったりで
外で遊んで、身体を動かす選択肢と言うのは数多ある選択肢の一つにしか過ぎない状況になりつつあります。


もっとも、最近は公園の遊具が怪我をするからと
どんどん撤去されていたりする現実もあるので、何かちぐはぐだなと
個人的には思っているのも事実です。


前置きが長くなりましたが、香川県で小4の男女の血液検査を行った結果
なかなか衝撃的な結果が出たとニュースになっています。

Sponsored link



小4児童の1割に肝機能や脂質の異常が!

調査結果が発表されたのは、香川県の小4児童8264人。
日本全国の自治体では、児童に対しての血液検査をするという例は
あまり見られない(学校で血液検査をした記憶は私もありません)そうですが
香川県では、2012年から市町に補助を行い、血液検査を行っているそうです。


今回の衝撃的な結果は以下の引用になります。

小4の1割、おじさん化?…肝機能・脂質に異常

 小学4年生を対象に、香川県が昨年行った血液検査で、肝機能、脂質、血糖値の異常値を示した子どもの割合が、それぞれ1割に上ることが分かった。

 食生活や運動不足の影響が大きいとみられ、研究者は全国調査を求めている。

 調査は同県の17市町のうち、小学4年生の採血を行う16市町が対象。保護者が同意した8264人(全体の約96%)について、肝機能、脂質、血糖の検査値を集計した。肝機能は、肝臓の負担が増すと数値が上がるALTなど3項目を調べた。
 このうち一つでも異常値を示した割合は男子12・4%、女子9・5%だった。

 総コレステロールや、中性脂肪などの脂質が異常値となった子どもは男子10・2%、女子11・5%。高血糖状態が続いていることを示す「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の高値は、男子12%、女子10・9%だった。各検査項目の小児基準値は、国内の研究や医師の意見を基に、同県が設定した。

中略

 取り組みを推進する香川短大の北川博敏名誉学長は「異常値の多くは生活習慣の見直しで改善できる。子どもの血液検査は、将来の病気予防のために重要で、国の主導で全国に広げてほしい」と話している。


大人の方なら分かるように、健康診断などで数値をチェックされる
健康のバロメーターとなるような項目ばかりです。


記事タイトルは、何となく軽く書いていますが
8264人の1割ですから、800人以上は少なくとも何かしらの異常がある。
この数値はかなり驚異的だと個人的に思います。


血液診断などは、子供の頃にやることはなかったので
昔と今を比べることは出来ませんが、やはり現代の子供のほうが
異常が多く出るのではないでしょうか?


記事内では、生活習慣が大きな要因となっていると書いていますが
個人的に、例のアレが身体に影響を及ぼしているのではないかと危惧しています。


チェルノブイリでは、原発事故の後に明らかに子供に異状が出たという
話が残っており、それは現在進行形で続いているとも言います。

チェルノブイリ汚染地の子どもたちの身体におこっていること

 元気そうに見えても,汚染された食べ物を通して,身体の中に放射能が入ってしまい、中から被ばくを続けているのです。こうした子どもたちは、毎日頭痛などの慢性の症状に悩まされています。そのため、子どもたちは、いつガンや白血病になって不思議ではないリスクを背負っています。視力低下が抵抗力の下のサインです。ある日突然、黒板の字が読めなくなるのです。こうした慢性の被ばく症状が悪化したり、体力が落ちてくると、糖尿病や白血病、甲状腺のトラブルの悪化・小児がん・甲状腺のトラブルよる発達障害(身長が止まる)などになります。今、元気そうに見える子でも、今日、発病してもおかしくないのです。


もちろん、頭ごなしに私は決めつけている訳ではありません。
しかし、もし生活習慣などから来るものではなく、放射能から来る異状が
多いのだとしたら…。香川県ですらこの状況ですから
東北・関東圏などの結果が恐ろしい事になりそうな予感がします。


記事の最後に、全国で血液診断を行うべきだという働きかけがありますが
私はこれは実現しないのではないのかなと思っています。
他の県まで対象を広げて、もしもっと酷い数値が出てきたら…
その時は、日本国中がパニックに陥る可能性もあるからです。


私としては、この考えは杞憂であってほしいと願っていますが
しかし結果が分かるのは、何年も後の話になるでしょう。
果たして、この国の未来はどうなるでしょうか…。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ