Sponsored Link

【呆れ】総務省がマイナンバーと各種ポイントカードを一本化を検討へ!

当ブログでも何度か話題に挙げ、今年初めには
運営システムに欠陥があったことを機構が認め
今後の運用に大いに不安を残しているマイナンバー制度。


既に国民には、個人のマイナンバーが郵送で送られていますが
受け取っていない人も多く居て、そもそも送られてきても居ないという人も
まだまだ多数居る状況という、かなりガバガバな状況になっているマイナンバー制度。


基本的には一生涯変わることが無い、マイナンバーは人に教えてはいけないものとされ
番号を隠すための専用ケースが作成されようともしていますが
そんな厳重に扱うべきマイナンバーを、持ち出させようとしたいのか
総務省が、短絡的な運用を検討していることが明らかになっています。

Sponsored link



見せるべきではないマイナンバーを店頭で出す危険さ

このブログでも何度か触れているように、マイナンバーは今後
個人に一生涯識別できる番号を割り振るという制度ですから、マイナンバーの
漏洩リスクというのは、非常に大きい物になります。


漏洩が実際に起こり、悪用される恐れがあるという場合にだけ
番号を申告で変えることも出来るとのことですが、この手続きはおそらく
非常に煩雑なものになる可能性が高いです。何せ識別番号を根本的に変える話ですから。


となると、おいそれと漏洩させることが出来ないマイナンバーであり
出来るだけ、個人的にも持ち歩くなんてもってのほかだと思いますけれど
政府はどうやら、そんな国民感情には全く配慮をしないようです。

総務省 ポイントカード一本化を検討へ

総務省は各種ポイントカードをマイナンバーカードに一本化できないか、検討を始めることにした。

 これは総務省の仕事始め式で高市総務相が指示したもの。カードを発行している企業や団体を結ぶシステムを立ち上げ、各種ポイントカードや銀行、図書館、商店街などのカードをマイナンバーカードに一本化しようというもので、来年春以降の実現を目指す。

 各企業はポイントカードのサービスで利用者の囲い込みを狙っているが、総務省幹部は「磁気カードからICチップ入りカードに移すための莫大(ばくだい)な投資を行わずに済む」と企業側にもメリットがあることを強調している。


本当に余計なことしかしないな。


ポイントカードが一本化されて、便利になるなんて考える人はごくわずかだと思いますよ?
わずかな買い物ポイントを得たいがために、マイナンバーカードを紛失、番号漏洩ということになったら
遥かにそちらのほうが、痛い損失となります。


そもそも、各企業で行っているポイントカードは要は
ライバル店との差別化のためにポイントカードを作成し発行しているわけです。
本当に企業側にメリットがあるのですかね?


更に怖いのは、このマイナンバーで紐付けられた買い物などの履歴…いわゆるビッグデータ
今後、個人の監視に使われるのではないかという疑念がわきます。


大体の人は、既にご存知かと思いますが、現在ポイントカードなどを使って
買い物をすると、その買い物をした情報を個人を特定できない(あくまで企業側がいうにはですが)範囲で
商品の売れ行きなどを把握するのに、企業側に購入情報を提供するといった事があります。


私も、近所のドラッグストアでポイントカードを提示して
カミソリを購入したところ、後日試供品が送られてきて
替刃を買うと特別ポイントがつくクーポンまで送られてきました。


マイナンバーとポイントカードを紐付ければ、その気になれば
国民一人一人が購入したものを、把握することが理論上は可能になります。


となると、無いとは信じたいところですが、一人一人の趣味・嗜好・思想などが丸裸にされる可能性があります。
こんな話は大げさだと思いますか?


しかし、よく考えてみてください。上記のポイントカードは店のポイントカードだけではなく
銀行・図書館・商店街などにも連動させることを検討していると書いています。


例えば、図書館で皆さんがよく借りる本が、現政権に批判的な本ばかりであったりした場合は
もしかすると、危険分子としてみなされマークされる…といったことがあるかもしれません。
実際にされるかはともかく、そういった危険性が考えられることは頭の隅に置いておくべきです。


ポイントカードがマイナンバーカードで一元化されれば、確かにカードの管理は
だいぶ楽になるとは思いますが、逆に言えばそれだけの話です。


万が一の紛失や、集められたデータがどのように使われるかわからない以上
不安が先立つ人のほうが多いでしょう。そもそも、こんな施策は喫緊の施策ではなく
ゴリ押しするのも理解に苦しみます。もっと他にやることはあるでしょう。


それでも、この案を検討指示したということは、何かしらの裏があると考えるほうが自然であり
もし、この制度が導入されたとしても、カードは使わないといった意志を貫いたほうが良いかもしれません。
そもそも、一生涯の番号が記載されたカードを量販店の店員に見せたくないですよね。
というか、ポイント要らないのでその分値引きを多くしてください(苦笑)


ただ、マイナンバー自体は他にも様々なサービス(軽減税率や医療サービスなど)と
連動させるといった話も出ていて、使うのと使わないのでは年間の出費が大きく違ってくる可能性があります。
その辺り、非常に狡猾というか、すごく嫌らしい意図がある制度と個人的に感じられます。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ