Sponsored Link

【歴代2位タイ】ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのメタスコアが98点と高得点をマーク!

デジかも管理人も、その独自の世界観に虜にさせられている
任天堂の強力IPである、ゼルダの伝説シリーズの最新作である
「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」





ゼルダの伝説シリーズ31年目の新作であり、今までのゼルダのアタリマエを見直して
開発陣が4年という歳月をかけて作り上げた、オープンエアー(公式定義)の作品となっており
初代ゼルダを彷彿とさせる、自由度の高さと独特なグラフィックが生み出す美しい世界が
海外で大絶賛を巻き起こしたことは、以前別の記事で触れました。


前回紹介した海外レビューは一部のレビューとなりましたが、今回海外の様々な
レビューサイトの平均となるメタスコアという評価点において、歴代全ゲームのなかでも
2位タイという、高評価をブレスオブザワイルドが記録していることがわかりました!

Sponsored link



歴代一位はゼルダの伝説・時のオカリナ。肉薄する高評価を獲得!

まずは、知らない人も多いと思うので、改めてメタスコアとは何かを解説。
日本ではあまり馴染みは無いですが、海外には多数のゲームレビューメディアが存在します。
そのゲームレビューメディアの評点をまとめ、平均したものがメタスコア…と考えて良いと思います。

ゲームの評価基準「メタスコア」って何?

先日ニュースサイトを見ていた時のこと。
「○○がメタスコア過去最高○点を獲得!」という見出しの記事を発見しました。「そいつは凄いな、さぞかし面白かろう。」と単純な私はころっと釣られてしまうわけですが、そもそもこの「メタスコア」って何だろう?ネットを見ているといかにも信憑性の高そうな使われ方をしていますが、一体どんな基準で採点されたスコアなのか?あるいは本当に信じ切ってもいい物なのか?色々と調べてみました。

メタスコアとは、複数の評価サイトのレビューをまとめたもの

まずメタスコアとは「Metacritic(メタクリティック)」というウェブサイトが開示している映画、ゲーム、音楽などのタイトルに対して付けた得点です。

一体その得点はどんな方法で算出したのか?乱暴に説明すると「さまざまな有名評価サイトでのレビューをまとめて数値化したもの」です。

加重平均値というもので、例えばAというサイトがS、A+、A、B+、B、C+、Cという7段階の基準を持ち、上から3番目に評価の高い「A」と評価した場合、Sを100点として「57点」と数値化されます。この基準で複数サイトのレビューをまとめて100点満点で表したものが「メタスコア」となります。

「プレイヤー個人の感想、レビュー」というよりは「メディアの評価」に近いかもしれません。日本で言うと「ファミ通」「電撃Playstation」「4Gamer」「Game Spark」など複数の有名ゲームメディアのレビューをまとめた点数、みたいなものでしょうか。


メタスコアが参照しているゲームメディアには、日本のメディアは含まれておらず
日本人にはやや馴染みのないスコアということにはなりますが、海外の複数ゲームメディアの平均…
その中には、日本でもゲーム好きであれば名前は知られているであろう、IGNやGamespotといったメディアがあります。


また、任天堂の前社長であった故・岩田聡もメタスコアが一定の評価基準として
参考になるものであるということを、言及したことも生前にありました。
任天堂が苦戦している時期でもあり、やや誇張気味にとられた節はありましたが
メタスコアが、あるゲーム評価のある一定の参考基準になるということは、間違いないかと思います。


今回のゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは、このメタスコア評価で平均98点という
歴代2位タイ(一位は、前述の別記事で触れた時のオカリナの99点)である98点を
久々に叩き出す高評価となっています!

「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」海外メディアのスコア&メタスコアが発表!!ワールドワイドで大絶賛!!!!!

主なゲームサイトの評価です。

・Gamespot 10
・Gamepro 94/100
・IGN 10/10
・Eurogamer Essential
・Jeuxvideo 20/20
・Vooks 5/5
・Giantbomb 5/5
・PressStart 10/10
・Easy Allies 4.5/5
・Jeuxvideo-live 18/20
・GoG 10/10
・Gamesradar 5/5
・Polygon 10/10
・Gamecentral 10/10
・GamersGlobal.de: 9.5/10
・Multiplayer.it 9.7/10
・Destructoid 10/10
・rpgsite 10/10
・NintendoLife 10/10
・Gamereactor Spain 10/10
・USGamer 5/5
・Kotaku “Best Zelda ever” aka 10/10

http://www.metacritic.com/game/switch/the-legend-of-zelda-breath-of-the-wild/critic-reviews


これらの海外サイトのレビューは、Choke pointというサイトで和訳されたのが載っています。


『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外レビュー【途中経過】


まだレビューは出揃っては居ないようで、このメタスコアは変動する可能性がありますが
いずれにせよ、上記のリンク先のレビューを確認するとわかりますが、アラ探しをしても
殆どアラがないような出来栄えとなっており、マイナスポイントは、時折処理がもたつくとか
声優の演技(英語版はイマイチと言われている)ぐらいしか、殆どのレビューで言及していないことが印象的です。


オープンワールドゲームは、海外では多く大作が作られていて
ある意味食傷気味のジャンルであるはずなのですが、その上でこれだけの評価を得ているのは
ひとえにブレスオブザワイルドの作り込みが凄まじいということが言えるでしょう。


実際に、私もプレイした感想を先の記事に書いたとおりで、唯一無二の世界観が
ブレスオブザワイルドにはあると感じています。今回の高評価も納得ということですね。
スイッチかWii Uを所持している人は、マストプレイと言ってもいい作品なのではないでしょうか。


Sponsored Link



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ